TポイントとPontaポイントの2強時代が長く続いた共通ポイント市場。2014年10月には楽天スーパーポイント、2015年の5月にはNTTドコモのdポイントが市場参入を発表したことで、4強時代へと突入。勢力図が大きく変わる時期がやってきた。

【「共通ポイント」4強時代 相関図】

「共通ポイント」4強時代 相関図

◎順調なTポイントに対しPontaは試練の時

 共通ポイント運営会社にとって、ユーザーの利便性が高い企業との提携は会員獲得の生命線だ。この4強激戦時代を象徴するように、業界をリードしてきたTポイントとPontaを中心に大型の業務提携が活発化している。5月には東京電力がTポイント、Pontaとの業務提携を発表。続いてNTTドコモがPontaとの業務提携に合意し、12月からdポイントとPontaポイントの相互交換が始まる。こうした業界再編が進む中、各社の現状と今後を野村総合研究所上級コンサルタント・冨田勝己さんに聞いた。

「東京電力との提携で弾みをつけた両社ですが置かれた状況は異なります。アクティブ会員が5400万人と業績堅調なTポイントは、加盟店拡大を粛々と続けながらも、ネットとの融合やメディア事業などの新規事業に軸足を移し、新しい企業体に生まれ変わろうとしています。一方のPontaは、ローソンとの独占契約が崩れたことで利用シーンの利便性を明確に演出する時期に差し掛かっている。早い段階でリクルートとの提携を本格化させ、次の一手を踏みだすことが課題といえます」

◎新参dポイントが業界再編のキーマンだ

 2社に続く楽天スーパーポイントは、全国にGSを展開する伊藤忠エネクスや、家電量販店の上新電機と提携するなど着実に提携先を拡大している。

「ネットでの絶対的な力を背景に、今後はどこまでリアル(実店舗)での影響力を広げられるかがカギ。ローソンとの提携も噂されていますが、独占契約にこだわらず他社とのあいのりで加盟店増を狙ってくるかもしれません」(前出・冨田さん)

 参入直後で実力は未知数のdポイントだが、今後の勢力図を予測するうえで最も重要なキーマンになると冨田さんは読む。

「ドコモは自社ユーザーに対し毎年600億円超のポイントを発行しています。この巨額なポイントの相互送客相手になることは、ローソンならずともメリットが大きく、今後は加盟店になる企業も少なくないはず。一足飛びで連携先を伸ばしていく求心力を秘めています」

 共通ポイント業界に興味を示すのは4社だけではない。グループ内でポイントの統一化を進めるJR東日本や東急といった鉄道会社の動きにも、冨田さんは注目する。

「グループ内統一が終われば、グループ外との共通化を始める可能性もあります。さらにnanacoやWAONがポイントの共通化に舵を切れば勢力図は一気に塗り替わっていきます」

 共通ポイントの激戦は幕を開けたばかり。乱立化による勢力争いはこれからが本番だ。