13日、中国版ツイッター・微博で、自動で元の場所に戻る椅子について紹介する投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年3月13日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、自動で元の場所に戻る椅子について紹介する投稿があった。

これは、日産自動車が開発した「インテリジェント パーキングチェア」で、会議などで椅子を使用した後、手を1回たたくだけで椅子が元の位置に戻るというものだ。投稿者はこの「インテリジェント パーキングチェア」に関する動画を紹介し、「これは怠け者にとっての福音だ」と伝えた。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本人の発想力には恐れ入る」
「なんだかホラー映画を見ているようだ」
「オカルト物の映像はこうやって撮っていたのか」

「仕事中に手をたたく人がいたらどうするんだ?」
「これはすごいけど、会議室や教室ではよく拍手をするんですけど」
「でもこれって会議のとき誰かが発言した後、拍手したらどうなっちゃうんだ?」

「これはいいね!会議のときに無理やり拍手をすることもなくなるし」
「きっと日本では上の人が発言してもいちいち拍手する必要はないんだろうな」
「ただ椅子が元の位置に戻るだけでコストがかかりすぎだろ」

「すごい創意工夫だとは思うけど、こんなにも怠け者でいいのか?」
「怠け者の創造力は普通の人より上なんだな」
「人間ってどこまで怠惰なんだろう」

「磁石を使えばこんなの簡単だと思うが」
「この発明には利用価値が全くない」(翻訳・編集/山中)