いまのあなたの「食物繊維不足」は、子どもに引き継がれる:研究結果

写真拡大

マウスを使った研究により、低繊維食は、腸内細菌叢の多様性を失わせることがわかった。この多様性は世代を追うごとに次第に低下し、食物繊維を豊富に含むエサを与えても回復しなかったという。

「いまのあなたの「食物繊維不足」は、子どもに引き継がれる:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

医師や栄養士たちは以前から食物繊維の重要性をくどいほど繰り返し、先進国で暮らす人々の大半が25〜38グラムという1日あたりの推奨量を摂取できていないと警告してきた。

食物繊維(ヒトの消化酵素で消化されない食物成分の総称。多糖類など)といえば、肥満でない「標準サイズ」の体型のキープに役立ってくれるものというイメージがあるが、食物繊維が腸内細菌叢(腸内フローラ)の健康と多様性の維持に貢献しているということは、あまり知られていないかもしれない。

さらに、学術誌『Nature』オンライン版に発表された研究によると、食物繊維を摂ることは、当人の腸内バランスにとって有益なだけでなく、その人の子孫にとっても有益であるかもしれないという。

スタンフォード大学のエリカ・D・ソネンバーグ上級科学研究員らによる研究グループは、健康なヒトの腸内細菌叢を無菌マウスに移植し、これらのマウスに、食物繊維が多いエサまたは少ないエサのどちらか一方を与えた。

数週間後、食物繊維が少ないエサを与えられていたマウスの腸内細菌叢の多様性は、予想通り低下していた。また、各グループ内で双方のマウスが繁殖すると、低繊維食グループの腸内細菌の変化は次の世代、またその次の世代へと受け継がれていった。この変化は、研究グループが観察を行った4世代にわたって残存した。いっぽう、高繊維食のグループ内では、世代から世代へと腸内細菌の多様性は高まっていった。

研究グループは、低繊維食グループの各世代に対して、食物繊維の多いエサを与えることで失われた多様性の回復を試みた。第1世代については大半に改善が見られたが、それに続く世代では、その効果は次第に低下していった。観察された最後の世代の腸内細菌は、食物繊維を豊富に含むエサを与えられた後でも、多様性が最も低く、その種類は彼らの曽祖父母に見られたそれのわずか4分の1だった。

唯一、これらのマウスの腸内細菌の健康を回復させたのは、糞便移植(健康な個体からもらった糞便を、内視鏡やチューブで腸内に移植する手法)だったと研究グループは報告している。

この研究結果は、腸内細菌への世代を超えた長期的なダメージは、単純な食生活の改善では元の状態に戻すのが難しいということを示している。

両グループのマウスの腸内細菌をさらに詳しく比較した研究グループは、低繊維食のグループは、食物繊維消化酵素を保有する細菌を失いやすい傾向があることを発見した。

ヒトの腸内細菌は、食物繊維を分解する何千種類もの酵素を生成するが、もしこれらの働きがなければ、人間の体は食物繊維を利用できないだろう。食物繊維が細菌によって消化された結果生じる「スクラップ」は、腸内の細菌やウイルスなどだけではなく、ヒトの細胞にとっての燃料でもある。多様性に富んだ豊かな細菌叢を腸内に持っているということは、クロストリジウム・ディフィシルなど致死性病原菌の駆逐に役立つと見られおり、また、健全な代謝にも関係している。

※ 父親が肥満だと、その代謝異常が子どもに遺伝する可能性があることを示す研究結果も発表されている(日本語版記事)。DNA配列ではなく、特別な「RNA」が影響しているとみられている。

TAG

Ars Technica USFoodGut MicrobiotaResearch