12日、中国深セン市大疆創新科技有限公司(DJI)が韓国・ソウルに開設した旗艦店が開業した。

写真拡大

2016年3月13日、新華社によると、中国深セン市大疆創新科技有限公司(DJI)が韓国・ソウルに開設した旗艦店が12日に開業した。同社が海外で旗艦店を設立するのはこれが初となる。

【その他の写真】

DJIの旗艦店はソウル市麻浦区の弘大エリアに位置する。地上5階建て、総面積は870平方メートルで、巨大なガラスカーテンウォールを採用し、開放的な空間デザインになっている。

11日に行われたメディア向けの公開で、DJIは最新機種「Phantom 4」を発表した。同機種はターゲットの自動追尾、障害物回避、目的地をタップするだけでその場所へと飛行する「タップフライ」などの機能を搭載しており、韓国メディアの注目を集めた。(提供/人民網日本語版・翻訳/SN・編集/武藤)