廃棄カツを不正転売 「ダイコー」が負債9億円で事実上の倒産

ざっくり言うと

  • 東京商工リサーチは14日、ダイコーが事実上倒産したと発表した
  • 銀行との取引ができなくなったと分かり、負債総額は約9億円とみられる
  • ダイコーは廃棄された冷凍カツを不正に転売していた産業廃棄物処理会社

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング