画像

写真拡大 (全3枚)

 博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム「monom」は、専用のスマホアプリを操作することで、ぬいぐるみがおしゃべりするボタン型スピーカー「Pechat」を開発した。

 博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム「monom(モノム)」は、第三弾の自主開発プロダクトとして、すべてのぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型おしゃべりスピーカー「Pechat(ペチャット)」を開発した。

 Pechatは、親子のための新しいコミュニケーションツールであり、育児を楽しくアシストする次世代玩具。Pechatをぬいぐるみに取り付け、専用のスマホアプリを操作することで、ぬいぐるみがあたかもしゃべっているように感じさせることができる。

 具体的にはアプリを使って、次の4つの方法で、ぬいぐるみをしゃべらせることができる。
声でおしゃべり(Voice Chat):ユーザーが吹き込んだ声をかわいい声に変換してしゃべらせる
文字でおしゃべり(Text Chat):打ち込んだテキストを、高品質音声合成エンジンによってかわいく読み上げる
選んでおしゃべり(Tap Chat):ユーザーがあらかじめ録音しておいたセリフや歌、物語などを選んで再生する
自動でおしゃべり(Auto Chat):子どもが話す声に反応して、自動であいづちやおうむ返す

MarkeZine編集部[著]