13日、香港理工大学の女子学生がマンションから飛び降り自殺を図ったと報じた。写真は香港。

写真拡大

2016年3月14日、中国新聞網は複数の香港紙の報道を引用し、香港理工大学の女子学生(20)が13日、マンションから飛び降り自殺を図ったと報じた。

学生は家族や友人宛てに少なくとも7通の遺書を残しており、うち1通はメディアに宛てたものだった。自殺の理由には触れておらず、メディア宛ての文書には社会に対する不満が記されていた。

香港ではこのところ学生の飛び降り自殺が相次いでおり、香港理工大の学生はこの9日間で7人目となった。今年度が始まった15年9月以降では23人目。(翻訳・編集/野谷)