キャラ弁にぴったり!6Pチーズアレンジ

写真拡大

おつまみに、お弁当にと幅広く使える6Pチーズ。ちょっとアレンジするだけで、色々なキャラに変身させることができます。小さいお子さんも大満足の6Pチーズアレンジレシピを紹介します。

●鬼さんチーズ

6Pチーズに顔と角を付けて、お弁当にぴったりの可愛い鬼さんに変身させちゃいます。

材料は、6Pチーズ(1個)、のり(適量)、ハム(適量)、ニンジン(適量)。

1)鼻とほっぺをストローや型抜きを使って、ハムとニンジンから丸くくりぬきます。

2)鬼の髪もハムとニンジンを好きな形の型抜きをつかってくりぬきます。(雲のようなふわふわの形がオススメ!)

3)目、眉毛、つののしま模様は、のりを小さく切って使います。

4)チーズの先端をつのに見立てて、それぞれのパーツをマヨネーズで貼り付けて完成です。

ニンジンは生のままでも食べられますが、軽くゆでておくと、くりぬきやすくなります。髪やほっぺ・鼻を、きゅうりなど別の食材の組み合わせにしたりして、色々な鬼の顔を作りましょう! お弁当用のピックや色付きの細いストローに指すと、より可愛く仕上がります。

●おかっぱちゃんチーズ

帽子をかぶったおかっぱ少女。帽子を変えて色々アレンジもできます。

材料は、6Pチーズ(1個)、ビアハム(1枚)、のり(1/4枚)。

1)6Pチーズより少し大きめの台形にのりをカットします。

2)顔の部分を切り抜いて(おかっぱなので、まっすぐ切る)、のりをチーズに貼り付けます。

3)ビアハムを三角形にカットして、チーズの上の尖った部分にマヨネーズで貼り付けます。

4)のりパンチやハサミを使って、のりを小さくカットし貼り付けて、目、鼻、口を作り、ストローでくりぬいたビアハムをほっぺにくっつければできあがり。

帽子をきゅうり、カニかまぼこの赤い部分など色々な素材で作れば、カラフルなバリエーションも作れます。

●チーズトトロ

みんな大好き「となりのトトロ」をチーズで作ってしまいましょう!

材料は、6Pチーズ(1個)、のり(適量)、スライスチーズ(少々)、サラスパ(1本)。

1)6Pチーズの尖っている方を少しカットします。

2)カットしたチーズの先端の方を、さらに縦に半分にカットし耳にします。

3)のりをチーズの袋の大きさに合わせてカットします。

4)スライスチーズを丸くくりぬき、その上に少し小さめに丸く切ったのりをのせて目にします。

5)体の模様はのりをくの字に3つ切っておき、耳にものりを使うので、耳になるチーズに合わせて、切っておきます。

6)鼻はスライスチーズを半円形に切っておきましょう。

7)6Pチーズに、袋に合わせて切ったのりをのせ、お腹の部分を緩やかな山のようにカットします。

8)目と鼻、体の模様を乗せ、耳はサラスパで固定します。(くっつきにくい時は、マヨネーズを使う)

9)残ったサラスパを油で焼いて小さく切り、左右に2本ずつ付けてヒゲにすればできあがり!

体の部分にのりを貼らずに、耳と目だけつければ「小トトロ」に、ミートボールに目だけつければ「まっくろくろすけ」になります。

のりやハムを切る工程は細かい作業なので、大変かもしれませんが、意外に簡単にキャラ弁が作れるのです。小食なお子さんも、可愛いキャラが入っていたら完食してくれるかも? ぜひ、お試しください。

(文・姉崎マリオ/考務店)