画像

写真拡大 (全2枚)

 ヤフーと電通は、3月14〜20日の7日間にわたり、都営大江戸線六本木駅ホーム上のデジタルサイネージでほぼリアルタイムでコンテンツを自動配信する実証実験を行う。

 ヤフーは電通と共同で、ヤフーが自社サービス上で提供する生活者に関心の高い旬なコンテンツを、ほぼリアルタイムでデジタルサイネージに自動配信する実証実験を開始した。都営大江戸線六本木駅ホーム上のデジタルサイネージ「六本木ホームビジョン」に、3月14日から3月20日までの7日間、「Yahoo!天気・災害」の「花粉情報」や「Yahoo!リアルタイム検索」の「話題のツイート」などの即時性の求められるコンテンツを自動で配信する。

 デジタルサイネージの国内市場は2014年の1,054億円から、2020年には2.6倍の2,717億円に拡大すると予測されている(富士キメラ総研「デジタルサイネージ市場総調査 2015」より)。しかしながらデジタルサイネージの多くは、あらかじめコンテンツを制作して、事前に入稿作業を行わないと放映することができないという課題があった。このような課題を解決するため、デジタルサイネージに接続するだけで、即時性が求められるコンテンツを簡単に自動で放映できる独自システムを両社で開発し、今回の取り組みに至った。

 本システムを導入することにより、常に新しいコンテンツを放映することができるため、デジタルサイネージへの注目度が向上し、広告メディアとしての価値も高まることが期待される。今後、両社は、より多くのデジタルサイネージ事業者との連携を進めると同時に、広告主向けには、即時性の高いコンテンツと連動した広告企画などの提案を行っていく。

MarkeZine編集部[著]