【全文】手倉森監督、U-23日本代表メンバー発表会見。ギャグを混ぜつつ選考の意図を明かす

写真拡大

3月に行われる強化試合のメキシコ戦およびスポルティング・リスボン戦に向け、U-23日本代表メンバーを発表した手倉森誠監督。

会見は日本サッカー協会のYoutube公式チャンネルで生中継されたのだが、今回はその代表メンバー発表会見の全文をお届けしよう。

【関連記事】U-23日本代表発表、ファン・ウェルメスケルケン・際を初招集(2016/3/14)

※できる限り口語のまま掲載

霜田 正浩(日本サッカー協会 技術委員長)

「はい、皆さんこんにちは。霜田でございます。

いよいよリオの本大会に向けて本格的な準備を進めてまいりたいというふうに思っています。

3月のこの国際親善試合2試合でいろんなメンバーを試し、そこから本大会までにいろんな選手の競争を促して良いチームを作ってもらいたいというふうに思っています。

またご声援、ご支援宜しくお願いします」

手倉森 誠(U-23日本代表監督)

(リリースの資料を配布する)

「神憑り的な勝ち方でオリンピックを決めただけに、今日の発表は“紙”でね、発表します。

このメンバーでいきます。

アジア最終予選を戦ったメンバーをベースにして、まずこの3月の活動でメキシコとどれだけやれるのかっていう腕試しをしたいと思っていたところで、怪我人も出たこと、入れ替えも自然にそういう流れになったということで。

最終予選でのメンバー23人をあの大会では決めましたけど、実際僕の中には武器としては数多くいると。そういったなかで再チャレンジのように追加されたメンバーもいます。

とにかくリオの本戦に向けてまた競争意識が高まるマネジメントしていきながら、18人という減った人数に絞る厳しい決断が待っているのに対して、また数多くの選手をしっかり操っていきたいなと思ってこのメンバーにしました。

メキシコは前回のチャンピオンチームなので、本当に世界との戦いでの我々の現在地というのを図れる良い相手だなと思いますし、2戦目のスポルティング戦もまず外国人と戦えるという部分と、年齢が上のような選手と、またいろんな大陸の選手が交じったクラブチームとやれるというのはね、非常に良い経験になるなと思ってます。

中二日でのゲームっていうところも、本大会を見据えてこういうスケジュールにさせてもらいました。まずやっていきます。以上です」

霜田 正浩(日本サッカー協会 技術委員長)

(マッチメイクについて)

「3月28日はポルトガルのスポルティング・リスボンとやることになりました。

もともとこの遠征はポルトガルに行けばメキシコとやれるということを全て再優先させてスケジュールを決めました。その後にオリンピック出場国とマッチメイクができないかということでいろいろ調整をしましたが、ポルトガルおよびヨーロッパで中立のところでやれる相手がなかなか見つからず、その後はU-21の予選(U-21欧州選手権の予選)に出ないヨーロッパの強豪といろいろ調整をしました。

ここもまたユーロの予選が入ってたもんですから、なかなかこの国とマッチメイクが上手く調整できないと、日にちも相手も限られたなかで調整しなければいけないということで、最終的には手倉森監督と相談をして、ヨーロッパのビッグクラブ、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグに出ているようなビッグクラブと練習試合ができないかということで、スポルティングの方にお願いして快諾を得たというのが試合決定の経緯です。はい、以上です」

質疑応答

―このドルトレヒトの選手(ファン・ウェルメスケルケン・際)を発掘した経緯とですね、予選で活躍した櫛引選手とか矢島選手がいないんですが、その理由を教えてください。

手倉森「うちのテクニカルがいろいろ調査していて、オリンピックへの最終予選のエントリーの中にすでに入れていたと。今回室屋、マツケンというところが怪我したのに対して、まず候補者の一人として映像を集めてくれと。その映像を見た時にものすごく興味が湧いてきたのでね。

ヨーロッパに行ってメキシコとできるというタイミングで、彼はオランダでやってますので招集するチャンス、また縁があるんじゃないかなと思って選びました。

矢島と櫛引と外したのに関しては、もう十分彼らの力は分かっていると。そのポジションでまた新たなライバル、力を試したいと思って外しました。直接彼らには電話させてもらって話をして、理解をしてもらってます」

―室屋選手と松原選手が怪我で離脱されているなか、オランダから際選手が選ばれてますけれど、サイドバックというのはどのように強化していきたいというか、新たな発掘というところでもどのように考えていらっしゃいますか?

手倉森「このように考えてますね。ファン(ファン・ウェルメスケルケン・際のこと)を呼ぶというふうに。

いなくなったから違うやつを探せというお知らせだと思ってますから、そこに対してこのファンが浮上してきてね。実は彼はどこでもできると。このメンバーに入っている亀川も両サイドできる。もちろん外れた室屋もそうだったんですけど。

本大会になれば18人に絞らなければいけない、2つのポジションをやれることが条件になってくるというのがまた色濃くなってくるなと思った時に、サイドをやれるという条件は非常に大事だと思っています。

そういう意味でこのファンは両サイド、そしてボランチのところもこなせるという。前節は左のサイドハーフで出てたっていう。ロングスローもあるし。今までU-23代表が武器として持てなかった部分を彼が可能性として落とし込んでくれればなと期待はしています。

サイドバックに関しては両方やれるっていうのはね、これからちょっとした条件になってくると思います」

―新しい選手が今回6名入ったと思うんですけども、最終予選に入ってこなかった選手に対して、どういった戦術であったり理解度を落としこんでいきたいなと考えていらっしゃいますか?

手倉森「新しい選手もあの大会は見ていたはずだしね。だいたい自分が入った時のイメージを持ちながら来てくれると思いますから。

でもこの世代の選手たちは、僕は非常に理解度が高いなと踏んでいますし。

逆に言えばね、最終予選が終わった一回目のキャンプですかさずでまたこれだけ多くの人間が入れ替わるということは、今回のメンバーに選ばれない選手にも可能性があるということを示唆しているというのを是非感じてほしいなと。そういう狙いもあります」

―霜田委員長にお伺いした方がいいのかもしれないですけど、メンバーが22人なんですけれども、後であと1人追加があるのかどうかというところを、もし決まっているのならばお聞かせください」

手倉森「僕が22人にしました。(両手でVサインを作り)ブイ・ブイ!

これから本大会に向けてね18人に絞っていかないといけないですから。これまでの活動は23人っていうところはありましたけれど。

徐々に減っていくんだというところも覚悟すればね。間違いなくフィールドプレーヤーはまるっきり2試合メンバーを替えてターンオーバーできるわけではないといところに対してね、連戦させたい狙いもあるので。

一気に減らすよりは22人で今回はやらしてもらいたいという話を俺の方からしました」

―監督にお伺いします。今回新しくまた6人のメンバーを入れたということですけど、これから本大会に向けての選手選考では最終予選から監督が求めてきたチームの戦術により合う選手を選ぶという観点で考えられるのか、それとも最終予選の選手をベースとしてさらなるオプションをもっと集めていきたいというふうに考えていらっしゃるのか、その方針を教えてもらっていいですか?

手倉森「さらなるクオリティを高めたいという狙いですね。

アジアである程度割り切った戦いっていうのを覚悟したメンバーがあの23人でしたけど、これから戦う世界という国はね、また違った持ち味で戦わなければいけない状況ができる。例えば一つ例にあげたら、アジアの戦い方は浮いたボールが多かったかもしれないけれど、世界の戦い方は地上戦が増える可能性がある。

そうなった時に、なるべく優先順位を下のパスで崩せるようなクオリティを高めておきたい。そうなった時に鎌田や関根というところをアジアでは使いませんでしたけど、世界では可能性が出てくるだろうなと。そこをまた探りたいなと思います」

―監督にお伺いします。FWが3人で2試合を回すということで、これまで基本的には4-4-2がベースだったと思うんですけど、違うシステムということもお考えになっているんでしょうか?

手倉森「鋭いですね〜(笑)その通りです。

また違った世界との戦いに用意するというのに対し、4-4-2ベースで戦ってきたアジア予選からまた違ったオプションをね、本大会に向けては作っていかななきゃいけないなと。

トップ下を置くオプションというのはね、本来A代表でもあるように日本の強みのシステムだなと思っていますから。これをまた本大会に向けて準備することで、よりAと繋がるような強化も狙ってやっていければなと思ってます」

------------------------------------------------------------------------------------------------------

(記者会見が終了してから記者たちに向かって)

手倉森「アジアで優勝すると会見場も大きくなるね!ちょっと風邪ひいちゃったんで帰ります」