普段わたしたちが使っている自転車や車、電車。日々見慣れたこの乗り物を、真下から見たらどうなっているのだろうか。ヤセナ・ポポワの「Urban Insects(都市の昆虫)」は、日常的なものを非日常的な視点から観察するという、実験的な作品集だ。

「乗り物を真下から見てみたら、どう見える?」の写真・リンク付きの記事はこちら
2

2/8メルセデス
PHOTOGRAPH BY YASENA POPOVA

3

3/8ATV
PHOTOGRAPH BY YASENA POPOVA

4

4/8機関車
PHOTOGRAPH BY YASENA POPOVA

5

5/8Bobcatのトラックローダー
PHOTOGRAPH BY YASENA POPOVA

6

6/8BMW
PHOTOGRAPH BY YASENA POPOVA

7

7/8自転車
PHOTOGRAPH BY YASENA POPOVA

8

8/8Fadromaのトラックローダー
PHOTOGRAPH BY YASENA POPOVA

オートバイを見たことがない、なんて人はいないだろう。あるいはクルマも、機関車も。でもそれをヤセナ・ポポワの視点から、つまり真下から見たことがある人は少ないだろう。それはあなたが想像するよりも、ずっとかっこいい。

ブルガリア・ソフィアの建築家であり、5年前に写真撮影を始めた彼女は、物の“底”を詳細にとらえた写真を撮っている。奇妙でニッチで退屈な趣味のようにも思えるが、実際のところ、それらの写真はとても魅力的だ。

「わたしたちが見ることができない唯一のアングルは、下からのものなんです」彼女は言う。

製作中のシリーズ「Urban Insects(都市の昆虫)」は、ガラステーブルの上に横たわる人をテーブルの下から撮影するという、非日常的な視点の実験から始まった。しばらくその実験を続けたあと、2012年に、“機械”の方が視覚的におもしろいものができるのではないかと彼女は考えた。

まず彼女は、自分の自転車を撮影することから始めた。枝に自転車をぶら下げ、その下に這っていって写真を撮影した。作品の対象は、オートバイや自動車から建設機械、そして最近では機関車とどんどん大きくなっていった。その際に最大の課題となるのは、もちろんそれを持ち上げることである。

オートバイのような、比較的小さい機械ならロープで吊り下げられるが、それより大きくなるともっと込み入った方法が必要になる。ポポワは自動車の下にもぐり込むために友人の修理工場でリフトを利用し、本当に大きなものを持ち上げるときにはクレーンを使った。

機械が持ち上がると、ポポワは「Nikon D5200」を手に、機械の下へと這っていく。一発ですべてを写真に収められるほど車両を高く持ち上げることはできない。そのため、細かい部分まで撮影できていることを確認しながら、何百枚もの写真を撮る。

「Photoshop」を使って、すべての写真を数週間がかりでつなぎ合わせ、背景を除去し、気に入ったパーツを強調するために彩色する。1枚の写真を構成するのに、10〜100枚の画像が必要だ。

およそ12万トンの機関車を撮影するポポワ。

2015年9月、ポポワはブルガリア鉄道駅で列車を撮影したが、その画像加工は2016年1月に完了した。列車を持ち上げるのに20分をかけ、撮影は1時間かかった。この撮影はとりわけ不快なもので、靴を1足ダメにした。1日が終わるころには、赤いスニーカーはオイルで真っ黒になっていた。

ファッションの犠牲は別にしても、「Urban Insects」は時間と労働力がかかるプロジェクトだ。しかし、ポポワはこの趣味を愛しており、何かとてつもなく大きなものを撮影することを待ち望んでいる。

アイデアはいくつかある。「戦車とかでしょうね」彼女は語る。「まあ、そのうちわかりますよ」

TAG

CarGalleryPhotographWIRED US