オランダのドルトレヒトでプレーするファン・ウェルメスケルケン・際(左)は、両SBだけでなく、ボランチ、サイドハーフもこなすユーティリティプレーヤー。今遠征では、松原や室屋ら故障者の多いSBで試されることになるだろう。 (C)Getty Images

写真拡大

 3月14日、ポルトガル遠征(3月21日〜3月30日)に臨むU-23日本代表メンバー22人が発表された。
 
 メンバーには、1月のリオ五輪最終予選を主軸として戦った遠藤航、久保裕也、岩波拓也らのほか、負傷者が相次ぐDFにはオランダのドルトレヒトでプレーするファン・ウェルメスケルケン・際を初招集した。
 
 手倉森監督は「メキシコとどれだけやれるのか腕試しをしたいところ。怪我人などもいて、追加したメンバーもいます。リオの本大会へ向けて競争があるなかで、多くのメンバーを操っていきたいなと思っています」とコメント。
 
 今遠征では3月25日にU-23メキシコ代表と、28日にはスポルティングと対戦する。
 
 ポルトガル遠征に臨むメンバーは以下のとおり。
 
GK
1 牲川歩見(鳥栖)
22 杉本大地(徳島)
23 中村航輔(柏)
 
DF
2 ファン・ウェルメスケルケン・際(ドルトレヒト/オランダ)
4 岩波拓也(神戸)
5 植田直通(鹿島)
6 山中亮輔(柏)
12 中谷進之介(柏)
13 奈良竜樹(川崎)
15 亀川諒史(福岡)
 
MF
3 遠藤 航(浦和)
7 原川 力(川崎)
8 大島僚太(川崎)
10 中島翔哉(FC東京)
14 豊川雄太(岡山)
17 関根貴大(浦和)
18 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
19 鎌田大地(鳥栖)
20 井手口陽介(G大阪)
 
FW
9 久保裕也(ヤングボーイズ/スイス)
11 金森健志(福岡)
16 浅野拓磨(広島)