「判断に迷わない!」
「どこで(攻撃の)スイッチを入れる?」
「相手に読まれていることを読もう!」

 陽光に彩られたスペインの芝に、指揮官の声が響き渡る。

 リオ五輪予選と同時期に行なわれたラ・マンガ国際大会で、U-23日本女子代表が輝きを見せた。ノルウェーに4−0、スウェーデンに2−0、ドイツに1−0と3連勝を飾ったのだ。

 このチームを率いたのが、U-20日本女子代表の指揮官でもある高倉麻子監督だ。2年前にコスタリカで行なわれたU-17女子W杯で"リトルなでしこ"を世界一に導き、アジア女子最優秀監督賞を4年連続で受賞している。

 集合からわずか3日間という限られた準備期間で、指揮官は戦う集団を作り上げた。

 パスを細かくつなぐ日本のスタイルを熟知しているからこそ、試合中、スウェーデンやドイツはそのスペースを与えまいと激しく圧力をかけてきた。しかし、日本はテンポの良いパスにリズムの変化を織り交ぜ、鮮やかに相手を翻弄。指揮官は狙いをこう説明する。

「ボールを動かしながらどこで攻撃のスイッチを入れるか。パスのリズムを変えるか。その変化を加えるためにダイレクトパスを使うなど、緩急の変化をつけるように伝えています」

 国際舞台で得る経験は、選手を飛躍的に成長させる。

「リーチや寄せのスピードが違うので、日本の感覚でやっていると奪われる。それは国際大会のプレッシャーの中で試合をやらないと得られない感覚ですね」

 自らも日本代表の中盤としてプレーした高倉監督は、選手としてもその"感覚"を理解している。世界一に輝いたU-17女子W杯では、6試合で21人全員を起用し、経験も積ませた。結果、6試合で23得点1失点。21人中19人が先発に名を連ね、DF4人を含む12人がゴールを決めた。

 緻密で、美しく、強い――。世界を制したなでしこジャパンのDNAは、確実に次の世代に継承されている。

 その連動性は、どのようなトレーニングによって生み出されるのだろうか。高倉監督の指導には、選手たちをピッチで躍動させる様々なエッセンスが詰まっていた。

「常に考えながらプレーすることを伝えています。その中で駆け引きの要素も学んでほしいので、普通の練習メニューにも特別ルールを設けたり、遊びの要素を取り入れるようにしています」

 複数色のビブスを使い分けたミニゲームやチーム対抗戦など、「常に回りに目を配る技術」を養うメニューはバラエティに富む。その引き出しの多さは、幼児からママさんチームまでの幅広い年代を指導してきた経験が生かされている。紅白戦では、ポジショニングや動き出しのタイミングを数センチ単位で修正し、パスやトラップなど、スキルの"精度"にも徹底してこだわりを見せる。

「フィジカルで勝負しないための準備」を重視しているが、試合の中で1対1の競り合いを完璧に避けることは難しい。そのため、一瞬で爆発的なパワーを出すための体作りのメニューも取り入れている。気の抜けたプレーをすれば、すぐに大部由美ヘッドコーチが喝を入れる。U-17女子W杯を共に戦った大部コーチもまた、高倉監督のチームに欠かせない存在だ。

「日本のサッカーに必要な個の能力は、1対1でしかけられる能力のことではなく、状況判断力が優れていること」

 そう考える指揮官は、選手選考においてフィジカルやスピードよりも、状況を判断する力やその判断を生かすためのテクニックを重要視する。その上で、育成年代はなるべく多くの選手にチャンスを与えてきた。初めて代表合宿に呼ばれ、刺激を受けて帰った選手が数年後に頭角を表すこともある。

「年間を通じてリーグを視察して、なるべく多くの選手にチャンスを与えながらチームを作っていく。トレセンのときから見ている選手も多いですし、伸びしろも考えながら呼びます」(大部コーチ)

 今大会で初招集された千葉園子(ASハリマ)も、代表に呼ぶタイミングを見計らっていたひとりだという。千葉は今大会3試合に先発し、スウェーデン戦ではゴールも決めた。身体でも当たり負けしない堂々としたプレーぶりは、大会を視察に来ていた他国のスタッフの目にも留まったほど。

 人間観察に長けていることも、優れた指導者の条件のひとつだろう。選手によって声のかけ方は違う。

「選手には嘘をつきません。期待している選手にはそう言います。ただ、きつく言うと顔が暗くなってしまう選手もいるし、厳しく言った方が伸びる選手には甘い顔をしない。そのへんは、直感ですね(笑)」

 さらに、高倉監督ならではの選考基準がある。それは、異端とも思える強烈な個性をあえて選択することだ。

「私は好きなんですよね。人にはない、すごく強いものを持った選手が。それは他の人が持っていない、いいものなんだよということを伝えて、なくさないようにしてほしいんです」

 周りの選手もその特殊性に対し、認めていくことが大事ではないかと高倉監督は言う。 それは、アジアのような実力の伯仲したスタイルも近い国との戦いにおいて、閉塞状況を打破する鍵となるのではないだろうか。

 4大会ぶりの五輪予選敗退で、日本女子サッカーはひとつの節目を迎えた。敗因をしっかりと検証することが必要だろう。そして、再び女子サッカーを『冬の時代』に戻さないためにも、サッカー協会には腰を据えた強化を期待したい。

 その『未来』に、投資すべき価値は十分にあるはずだ。

松原渓●取材・文 text by Matsubara Kei