10日、韓国・聯合ニュースによると、レストラン評価の権威的存在として知られる「ミシュランガイド」のソウル版が早ければ年内にも発表される。写真は韓国料理。

写真拡大

2016年3月10日、韓国・聯合ニュースによると、レストラン評価の権威的存在として知られる「ミシュランガイド」のソウル版が早ければ年内にも発表される。11日付で環球網が伝えた。

フランスのタイヤメーカー、ミシュランが手掛けるこのガイドブックはパリ万博が開催された1900年に誕生した。星の数でレストランを評価することで知られており、ソウル版が完成すれば韓国は世界で27番目、アジアで4番目の出版国となる。会社側によると、レストランの評価を行う審査員も近くソウル入りする見通し。幹部の1人はソウル版の出版について「韓国の美食レベルが高まったということ」とコメント、ガイドブックを通して全世界に韓国の多様な食文化を紹介したいと抱負を述べた。(翻訳・編集/野谷)