左から塩田明彦、白石和彌、園子温、中田秀夫、行定勲

写真拡大

「日活ロマンポルノ」のプロジェクト「ROMAN PORNO REBOOT PROJECT」による新作ラインナップが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

1971年に日活が立ち上げた男性向け成人映画レーベルの日活ロマンポルノ。45周年を迎える今年にスタートしたROMAN PORNO REBOOT PROJECTでは、BSスカパー!をパートナーを迎えて新作を製作する。

全ての新作は、1971年当時の製作条件を現代のフォーマットに置き換えながら、一定のルールの中で撮影するというロマンポルノの特質を引き継いで製作。定番ルールである「10分に1回絡みのシーンを作る、上映時間は70分程度、全作品が同じ製作費、撮影期間は1週間程度」といった条件はそのままに、新しい条件としてこれまでにロマンポルノを制作したことがない監督によるオリジナル作品であることが追加された。

今回発表された新作の監督陣と作品ジャンルの組み合わせは、塩田明彦と「バトル」、白石和彌と「社会派」、園子温と「アート」、中田秀夫と「レズビアン」、行定勲と「ロマンス」。

塩田は奔放な女と彼女に翻弄される男の駆け引きを軽妙に描いた作品を発表するほか、白石は田中登監督のロマンポルノ作品『牝猫たちの夜』にオマージュを捧げ、現代の女たちをジャーナリスティックな視点で描くという。また園は少女の妄想と現実が入り乱れるファンタジックな作品を発表。日活に入社して助監督としてロマンポルノの現場に携わった経歴を持つ中田は、小沼勝監督に敬意を込めてレズビアン作品に挑む。さらに行定は大人の性愛を官能的に描いた作品を製作する。各作品は東京・新宿武蔵野館で今冬から順次公開される予定だ。