クロスオーバーモデルのプジョー3008が、新パワートレーンを搭載するなどのマイナーチェンジを受けました。

1

全長4365×全幅1835×全高1635mmというサイズのプジョー3008は、ゆったりしたキャビンが特徴の5シーター。先代となるプジョー308をベースにSUVに仕立てられたモデルで、世界で50万台超という販売を記録しているそうです。

従来から1.6Lの直列4気筒ターボが搭載されていましたが、最高出力165ps(+9ps)にパワーアップされた1.6Lツインスクロールターボエンジンに、第3世代トランスミッションである「EAT6」を組み合わせたパワートレーンの変更がトピックスで、燃料消費率も従来比で40%と大幅にアップされています。

さらに、標準装備の「グリップコントロール」により、悪路や雪道での走破性を高めるなどSUVとしての走りの性能をブラッシュアップ。

外観では、SUVとしての力強いデザインと都会的でスマートなアクセントを両立しているのが特徴で、プジョーのフロントマスクを象徴するフローティンググリルが配されるなど新鮮な顔つきに。

使い勝手では上下2分割テールゲートをはじめとした機能性に優れたラゲッジルームにより、多様な用途に対応。

プジョーといえば定評ある足まわりを思い浮かべる人も多いと思いますが、それを支える第3のショックアブソーバーともいえる「ダイナミックロールコントロール」が採用され、これまでにないロードフォールディングス性が確保されているそうです。

ボディカラーは、「パール・ホワイト(パール)」、「ヴェイパ―・グレー(メタリック)」、「ペルラ・ネラ・ブラック(メタリック)」、「エジプシャン・ブルー(メタリック)」、「ビアンカ・ホワイト(ソリッド)」の全5色を用意。価格は349万円という設定です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

新パワートレーンや走破性を高める専用装備まで用意されたプジョー「2008 CROSSCITY (クロスシティ)」
http://clicccar.com/?p=358991

クロスオーバーSUVのプジョー3008がマイナーチェンジでパワーも燃費も向上(http://clicccar.com/2016/03/14/359331/)