13日、韓国に親しみを感じる日本人は若干増加したものの、親近感のない人が依然として過半数を超えていることが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

写真拡大

2016年3月13日、韓国・聯合ニュースによると、韓国に親しみを感じる日本人は若干増加したものの、親近感のない人が依然として過半数を超えていることが分かった。

日本メディアによると、日本の内閣府が今年1月7〜17日に成人男女を対象に行った世論調査によると、64.7%が韓国に「親しみを感じない」と回答し、33.0%が「親しみを感じる」と回答した。14年10月に実施した同調査結果と比較すると、「親しみを感じる」は1.5%増え、「親しみを感じない」は1.7%減少した。今回の調査は3000人を対象に個別面接方式で行われ、有効回答率は60%だった。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「感じてくれなくて結構」
「韓国人の99%は日本に親近感を覚えないと思う」
「日本になんて関心すらない。と言いながらコメントを書いている」

「私も、アダルトビデオ以外は日本に親しみを感じない」

「そうなのか。日本旅行を取りやめねば…」

「ヨン様のことは好きだったではないか」

「韓国のことをよく調べたら、『親しみを感じない』がもっと増えると思う」

「よく考えてみろ。植民地だったような国に親しみなんて感じるか?」

「韓国男性の99%は日本女性に親しみを感じる」

「思ったより親近感のある人が多いんだな」(翻訳・編集/三田)