世界で話題の“タフフィットネス”を体験!原宿に「Reebok FITNESS BATTLE CLUB」

写真拡大

春からの新生活に備えて、体を引き締めたい女子にぴったりのスポットがあると聞き、さっそくチェックした。

2016年3月27日(日) までの期間限定で、原宿キャットストリートに複合フィットネス施設「Reebok FITNESS BATTLE CLUB(リーボック フィットネス バトルクラブ)」がオープン。2015年に引き続き、今年のReebokのテーマは“Be More Human 人間をきわめろ”。そのメッセージの発信拠点となっている。地下1階から4階まで5フロアを持つ同施設では、世界で話題のフィットネスやトレーニング約60種類を体験できるうえ、プロアスリートやモデルなどを指導している有名トレーナーのレッスンが受けられるというので、流行に敏感で理想の体づくりを目指す女性の間で話題を呼んでいるみたい。
1日約5本あるレッスンの多くは事前予約制で、受け付けは専用Webサイトから。参加料1000円から2000円を中心に無料プログラムのものも多数用意されているので気軽に申し込みできそう。

中でも注目は、アメリカ・カリフォルニア発のファンクショナルトレーニング「クロスフィット」。起き上がる、歩く、拾う、持ち上げるなど、日常生活での動作を高強度に行うことで全身を鍛えるトレーニングで、ハリウッドセレブなども取り入れているとか。

「クロスフィット」は、トレーニングメニューのバリエーションが豊富なので、毎回異なる内容で男女一緒にその人に合ったトレーニングができるのが特徴。

また、アップテンポの音楽に合わせて体を動かすグループエクササイズ「レスミルズ」も、振り付けと音楽が融合されて楽しいと人気とか。こちらは毎週火曜20時から開催中。

さらに、概念にこだわらず、「ストラーラヨガ」や欧米で男性が心身ともに鍛えるために行うトレーニングを取り入れた『メンズヨガ』など、さまざまなスタイルを楽しめるヨガレッスンや、内容が毎日異なるランイベントも。自分に合ったトレーニングやフィットネスがここなら見つかるかも。


施設内には男女別の更衣室が完備されているほか、ウェアやシューズのレンタルも可能(無料〜300円)。

ひと汗かいた後は、1階のカフェスペースへ。ここでは日本初のコールドプレスジュース専門店「SUNSHINE JUICE(サンシャインジュース)」プロディースの「Clean Vegan Protein (Green)<クリーンビーガンプロテイン(グリーン)>」(1000円・写真)を提供。トレーニング後のエネルギーチャージにぴったり。


最新アイテムをチェックしたいのなら、地下1階ショップ「FitHub(フィットハブ)」に立ち寄って。こちらには販売スタートしたばかりの2016年春夏コレクションはもちろん、「CrossFit(クロスフィット)」や「レスミルズ」専用のアイテムも充実しているそう。エクササイズが気に入ったら、さらに続けるためのアイテムを見つけるのもいいかも。

毎週金曜には19時30分から、クロスフィットやストリートワークアウト、ランなど、その道のプロフェッショナルたちがそれぞれの分野で競う『フライデー バトルナイト』を開催。フィットネスを極めた彼らの戦いは、ダイナミックでエキサイティング。無料で観覧することができる、音楽とフィットネスが融合したタフフィットネスバトルだという。

薄着になるシーズンを前に体を引き締めたいのなら、最新のフィットネスプログラムにチャレンジして。