ドイツ機の墜落事故 フランスの航空調査局が副操縦士の故意と断定

ざっくり言うと

  • 2015年3月24日、ドイツ機が墜落し乗客乗員150人が死亡した事故
  • 仏航空調査局は13日、墜落は副操縦士の故意だったと断定する報告書を発表
  • 精神疾患があったという副操縦士は、機長らを操縦室から閉め出したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング