オフィスで誰でも簡単に『ゾーン』に入る方法

写真拡大

執筆者:杉山 崇(心理学者)


スポーツをある程度本格的に取り組んだ経験のある方なら、「周りの人間や景色がまるでスローモーションのようにゆっくり動いて見える」、そして驚くようなハイパフォーマンスを発揮した瞬間を経験したことがあることでしょう。
このような極限の集中状態を『ゾーン』と言います。

一流とよばれるスポーツ選手は、意識的にこのゾーンに入る方法を身に着けていると言われています。つまり、極限の集中状態を自分でコントロールして操ることができるのです。
私たちが今から一流スポーツ選手になることはできません。しかし、ゾーンに入ることは誰もが持っている能力です。この能力を磨けば仕事でも、家事でも、趣味でも今までとは全く違う、ハイレベルなパフォーマンスを発揮することができるのです。そして、これは意外と簡単です。

では、誰でもゾーンに入れる2つのポイントをご紹介しましょう。

ポイント1 「迷いがない」状態を作る


迷いはゾーンの大敵です。ゾーンに入った状態の脳はα派とよばれる脳波に満ちています。人の脳は本来非常に敏感で過活動です。ちょっとでも余計な刺激があると、α派はすぐに崩れてしまいます。

特に迷いがあると迷いそのものが不安や不満を招くので、α波を簡単に崩してしまいます。さらに「どうしてこんなことをやってるんだろう?」とか、「なんでこうなるの?」と余計なことをいろいろと考えて脳の集中をかき乱します。
いずれにしても仕事に対して迷いのない態度を持つことがオフィスでのゾーンへの第一歩です。

「迷いがない」が難しい時は…


しかし、私たちも人間です。時に迷うこともありますよね。そんな時はあえて仕事を離れて、もしこの仕事がなかったら自分はどうなりそうか考えてみてください。仕事を通して私たちは実はいろいろなものを得ているので、万一なくなったとしたら失うものも多いはずです。そして、自分にできそうにないことと、確実にできそうなことを区別してみてください。

この手続きを踏めば、よほど相性の悪い仕事でない限り迷いは激減することでしょう。

ポイント2 「お仕事モード」の自分を作る


迷いとも関連していますが、仕事をしているときは「素」の自分は邪魔になります。素の自分はもちろん大切なあなた自身ではありますが、自分を大切にすることとお仕事を大切にすることは必ずしもイコールにはならないのです。

たとえば、一流のアスリートは甘いものや炭水化物は一切取らない…とパフォーマンスを上げるために余計な自分自身、つまり「甘いものや炭水化物をおいしく感じる」自分を日頃から封印しているわけです。私たちはここまでやる必要はありませんが、せめて仕事に集中したい時だけは「仕事に余計な自分」はコントロールしたいものです。

ルーティンが「変身」を促す


そのためには自分なりの「儀式」を持っておくと便利です。
ラグビー日本代表で活躍した五郎丸選手がキック前に行う「ルーティン」が話題になりましたが、これも同じです。ルーティンを経ることで、五郎丸さんのキックに不要なあらゆる要素を封印してキックのためだけの五郎丸さんに「変身」しているようなものです。
あなただけのマイルーティンをぜひ見つけてください。

<執筆者プロフィール>
杉山 崇
神奈川大学人間科学部/大学院人間科学研究科教授。心理相談センター所長、教育支援センター副所長。臨床心理士、一級キャリアコンサルティング技能士、公益社団法人日本心理学会代議員。
公式サイトはこちら⇒ http://www.sugys-lab.com/