谷原秀人、惜しくも海外初制覇を逃した(写真:大会提供)

写真拡大

<BMW ISPS HANDAニュージーランドオープン 最終日◇13日◇ザヒルズGC、ミルブルックリゾート>
 PGAツアー オブ オーストラレイジア主催の『BMW ISPS HANDAニュージーランドオープン』は全日程が終了。最終日を2位に2打差をつけ首位で迎えたホストプロの谷原秀人だったが、最後マシュー・グリフィン(オーストラリア)にかわされ、1打差の2位で大会を終えた。
国内ツアーはフォトギャラリーでチャック!
 17アンダーから出た谷原は3番でバーディを先行させたが、2位スタートのグリフィンが4番までに19アンダーに伸ばし逆転を許してしまう。それでも5番、9番でバーディを奪取(7番ボギー)。トータル19アンダーでグリフィンと並び首位で折り返した。後半は17番までに2バーディ・1ボギーでラウンド、グリフィンに1打リードし最終18番を迎えた。ところがその18番ではミス連発でボギーに。一方のグリフィンがバーディを奪取、最後で逆転でされ海外初優勝を逃した。
 また、薗田峻輔がトータル14アンダーで3位タイ。藤本佳則が最終日“65”をマークしトータル13アンダー5位でフィニッシュした。その他の日本勢は永野竜太郎はトータル8アンダーで16位タイ。宮里優作がトータル2アンダー40位タイ。片岡大育がトータルイーブンパーで48位タイ。太田直己がトータル3オーバー54位タイで4日間を終えた。
【最終結果】
優勝:マシュー・グリフィン(-20)
2位:谷原秀人(-19)
3位T:薗田峻輔(-14)
3位T:マイケル・ヘンドリー(-14)
5位:藤本佳則(-13)
16位T:永野竜太郎(-8)他
40位T:宮里優作(-2)他
48位T:片岡大育(E)他
54位T:太田直己(+3)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>