11日、韓国・聯合ニュースによると、今年のホワイトデーに韓国の未婚男性が女性とのデートやプレゼントに準備している金額が15万ウォンに達することがわかった。

写真拡大

2016年3月11日、韓国・聯合ニュースによると、今年のホワイトデー(3月14日)に韓国の未婚男性が女性とのデートやプレゼントに準備している金額が15万ウォン(約1万4000円)に達することがわかった。環球網が伝えた。

韓国のブライダル会社デュオが2月23日〜3月8日に韓国の20〜30歳の未婚男女に行った調査によると、今年のホワイトデーの男女の平均支出はおよそ12万ウォン(約1万1500円)。男性は15万ウォン、女性は9万ウォン(約8600円)だった。ホワイトデーに贈る物では、定番の「アメ」以外に、アクセサリー(21.7%)、カバン(20.3%)、財布(19.1%)、衣類(15.3%)、化粧品(13.8%)、靴下(7.3%)などが挙がった。

男性が女性にプレゼントを贈る理由としては、「ホワイトデーをより思い出に残すため」「彼女にガッカリさせたくないため」が多かった。一方、女性がプレゼントを贈る理由では、「恋人への感謝」「愛情表現の一つ」が多かった。デュオは、「韓国のホワイトデーはバレンタインデーと同様、多くの男女が異性に愛を伝える日であるが、家族や友人に感謝を伝える日にもしてほしい」としている。(翻訳・編集/北田)