【男女高校生】壁ドン、ドS男子はリアルにあり?『黒崎くんの言いなりになんてならない』ぶっちゃけ座談会

写真拡大

「俺に絶対服従しろ!」中島健人演じる悪魔級のドSぶりが話題の“エロキュン”映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』は、主に女子高生の支持を得て、大ヒット上映中。

【動画】Sexy Zone中島健人主演「黒崎くん」超エロキュン予告編を見る

今回は映画を観たばかりの高校生男女にペアで座談会に参加してもらい、「映画の魅力」「いまどきの高校生恋愛事情」について思う存分、本音でぶっちゃけてもらいました。

【予告編動画】中島健人主演「黒崎くんの言いなりになんてならない」

――まずは、映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』。女子側の感想はなんとなく、想像がつきますが、男性はどうだったのでしょう?

全体的に圧倒されました(笑)

イクト「最近の恋愛映画はあまり観ないですが、「壁ドン」「床ドン」とかすごい入っていて、楽しかったです」

――あの……「壁ドン」とかって、リアルにやったりするんですか? ありえない?

イクト「シチュエーション的には、僕はあんまりやったことがないです」

――あんまり?(全員笑)

イクト「あったとしても、電車で揺れたときにワッみたいな……」

――事故みたいな見せかけですね(笑)。男性でも「壁ドン」で急接近するとドキッとしますか?

イクト「内心、冷静になりますけど、ちょっと「オーッ」みたいな気持ちになりますね(笑)」

ユウト「僕も映画の感想は、普通に面白かったです。

SexyZoneが好きで、コンサートにたまに行くのですが、歌っているとき、踊っているときの中島健人くんより、(映画は)ギャップがあって、ドSな感じがすごくかっこよかったですね。いつも歌っているときとはまた違う感じでした」

――男性にとって、あのドSはありですか?

ユウト「やる側ですか(笑)。やる側としては、やっぱり勇気がいりますよね。

けっこうキザなセリフを言うのとか、厳しいです(笑)」

――同性として、ああいうドS男子ってどう思いますか?

ユウト「かっこいいですね。なりたいとは思わないですけど、憧れというか……」

――SexyZoneの中島くんと映画の黒崎くんとのギャップで、いちばんいいなって思うところはどこですか?

ユウト「SexyZoneのときは、元気で引っ張る感じだけど、映画は元気いっぱいでかわいいというしぐさよりも、かっこいい、ずーっとかっこいいみたいな、感じでしたね」

――好きな人をいじめたいという、黒崎くんの気持ちはわかりますか?

ユウト「いじめたくなる感じはわからなくはないです。いまはそんなにないですけど、昔はありました」

リョウガ「僕は映画を観た感想は、最近受験があって、あんまりテレビ観なくなったんで、“はーっ、スゲぇ!最近こんなんなんだな”って思いましたね」

――最近、ドS男子のドラマって増えてますよね。「ダメ恋」(※「ダメな私に恋してください」)とか。

――いちばん衝撃的、印象に残っているシーンはどこですか?

リョウガ「印象に残っているシーン……全体的に圧倒された感じが強いですね」

『黒崎くんの言いなりになんてならない』、男性陣にとっては中島健人演じるドSぶりがなかななか好評だったよう。“好きな人をいじめたくなる”気持ちは、男性にとってはよくわかる心境のようだ。

続けて、女性陣に映画の感想を聞いてみた。

「キュン!」というよりもう「ギュン!」という感じでした

カホ「映画みた感想はみんなかっこよかったり、かわいかったり、始終ドキドキして、ひとつひとつの言動も素敵だった」

――いちばんドキドキしたところは?

カホ「黒崎くんが観覧車に乗ったところ」

――中島さんのファンですか?

カホ「うん」

――妄想が膨らみますよね(笑)

チサト「私も『黒崎くん』は、最初から最後までずっと胸キュンで、少女マンガの世界を実写化したからこそ許されるドS感、黒悪魔と白王子、どっちにも揺れる由宇ちゃん(小松菜奈)になりたかったです」

――いちばんキュンとしたシーンはどこですか?

チサト「観覧車のシーンももちろんですが、やっぱり一番は一緒にお風呂に入るシーン!

きわどいな〜って(笑)。いかにも“なにも着てないよ”みたいな感じで、「ワーッ!」って思っちゃって、観てられなかったです(笑)」

シノ「映画は2時間ぐらいですよね(※実際は1時間33分)。2時間観たのに、4時間ぐらいあったような、てんこもり!

いろんなドキドキがあって、「壁ドン」とか。やばくて、ずっと顔が熱くなる感じでした。いちばん好きなシーンは停電するシーンで、あそこで“後ろからギュッ”っていうのがいいなって……」

――「ピアノのシーンも後ろからギュッ」でしたよね。

シノ「ああー、でもなんか暗いところでギュッっていうのが「ギュン!」ですね、もう。「おおーっ!」みたいな」

――シノさんはこの映画によく出てくる「壁ドン」「床ドン」「顎クイ」「お姫さまだっこ」とかありえる感じですか?

シノ「「お姫さまだっこ」はまだありえます。「壁ドン」とか、「顎クイ」とか少女マンガやドラマで観てる分はまだいいですけど、やられたら「えっ?」って気分にはなります。

事故的な「壁ドン」は、「おおーっ」ってなりますが、故意的にドンってやられるのは、「えっ?」って引いちゃう。イヤですね、好きでもとまどいます(笑)」

映画は中島健人演じる黒崎くんと、千葉雄大演じる白河くんが、小松菜奈演じるヒロイン赤羽由宇ちゃんをどちらが、振り向かせるかが最後までの見どころとなるのだが、映画で描かれる三角関係を通じて、もう少し高校生のリアルな恋愛事情に突っ込んでみたい。

同じ子を好きになったら、引かないし燃えます(笑)

――男性陣はライバルがいたら燃える感じですか?

イクト「はい」

――千葉雄大演じる白河くんみたいなけしかける人がいたら、意識しますか?

イクト「しますね。いま高3なのですが、高1のときに友だちと好きな子を取り合いしました。

友だちとはサッカー部が一緒だったのですが、相手が好きな子とLINEしていることは、知ってて……。実際「誰とLINEしとんの?」ってふっかけたりしたけど、「別にしてない」って言われて……。こっちは「知ってるけど……」って思いながら、こっちも好きな子と積極的にLINEをしてたって感じです(笑)」

――結果どうでした?

イクト「ちょっと負けちゃったんですけど、友だちも1〜2カ月しか彼女と続かなかったんで、「俺のほうがよかったのに……」みたいな(笑)」

――みなさん、ライバル心あるんですね。

リョウガ「それは、全然あります。やっぱり」

ユウト「同じ人を好きになった、僕もありますね、やっぱり。引かないですね。

その人がずっと仲良かった子でも引けないですし、取り合いになりますね」

小松菜奈演じる由宇ちゃんみたいな女子は男性陣、女性陣から見て、どうだったのだろう。

自分の気持ちをちゃんと言えるのが素敵

ユウト「由宇ちゃんは、最終的に想う人に「好きだ」って言うじゃないですか。自分の気持ちをちゃんと言える、素直なところがすごくいいんじゃないかなと思いますね」

――映画後半にかけての由宇ちゃんはいいですよね。

リョウガ「由宇ちゃんは友達ったら、楽しそうだなって思います。あんまりうちの学校、男女仲よくないので、映画の中では男子も普通に女子を誘えたりして、それにのる女子とか、いいなって思いました」

――由宇ちゃんも、友だちの芽衣子ちゃんも気さくな感じですよね。

シノ「由宇ちゃんは最初、いじめられていたじゃないですか。

でも「変わろうと」思って、そこから高校デビューじゃないけど、「がんばろう」って思ったのはすごいな、って思います。私がもし、いじめられていたとしたら、そのままずーっと下を向いたまま高校生活送っちゃいそうだから、すごいなって」

チサト「由宇ちゃんって恋愛もしたことなかったわけじゃないですか。

それであの高校生活で初めて恋をして、白王子か黒悪魔かわかんないけど、ふらふらしちゃって、でもほんとに中学校生活の由宇ちゃんからは考えられないくらい、ちゃんと自分で思ったことを最後、言えるようになっていたので、そうやって前を向いていけるのがすごいなって思いました」

カホ「由宇ちゃんは友だちになりたいな、って思いました。

素直じゃないですか。自分を変えようと努力しているところとか、すごく尊敬できるし、自分の気持ちをちゃんと言えたところが素敵だなと思いました」

――こういう映画や少女マンガの世界ってどこまでがリアルなのでしょう…

シノ「うちの学校、ほんとにカップルが多くて、夏とかも20ぐらい、ホントにすごいんですよ。

最近、寒いじゃないですか。学校の帰りに普通に手もつなぐし、マフラーを一緒に巻いて帰るんですよ。マンションが一緒の子もいて、朝待ち合わせて、一緒に登校して、一緒に帰るって子もいるし、家が遠いのに、わざわざその子の家に送りにいって、その後、塾の送り迎えとかもほんとにするんですよね。そしてTwitterでいちゃいちゃし始めるんです。

「送ってもらって、なう」、男性もTwitterで「送ったよ」みたいな。

それだけじゃなく、Twitterで「いまからサークルK行ってくる」「じゃあ、私のチーズケーキ買ってきて」「え〜、いやだよ」「だって、この前約束したじゃん」「いいよ〜、買ってくるよ」みたいな……

やりとりがまる見えで、「なんか大丈夫?」みたいな(笑)。

壁ドンも目撃したことがあります。学校で。校門だったかな? 彼女のほうが「してほしい」って言ったみたいで、しているところをみましたね」

一同:へーっ……。

『黒崎くんの言いなりに何てならない』で描かれる“エロキュン”ラブストーリーもまんざら、“マンガやドラマだけの世界”ではなさそうでした。