1月の大阪国際女子マラソンで、日本陸連の設定記録を上回る2時間22分17秒で優勝した福士加代子(ワコール)。それでもレース後に"リオ内定"という文言がなかったために、3月13日の名古屋ウィメンズマラソンに強行出場を示唆してエントリーしたことで話題を集めた。

 結局、3月1日に欠場を発表して騒動は収まったが、欠場を決めた理由のひとつとしてペースメーカーの設定が大阪の5km16分40秒ペースより遅い、16分55秒から17分00秒と発表されたことがある。16分55秒ペースで走りきっても2時間22分45秒でゴールする計算になり、陸連の設定記録2時間22分30秒に届かないのだ。

 リオデジャネイロ五輪代表争いをみれば、昨年夏の世界選手権で7位になった伊藤舞(大塚製薬)が内定していることに加え、福士が大阪で設定記録を突破して優勝したことで、残りは実質的に1枠。順当なら名古屋の日本人1位がその座を手にすることになる。だが、ペースメーカーの設定タイムが遅いからといって、必ずしも2時間23分以下のレースになるとは限らない。

 前回、日本歴代8位の2時間22分48秒で日本人トップになった前田彩里(ダイハツ)はケガのため出場を断念したが、ほかにも有力招待選手には日本記録保持者の野口みずき(シスメックス)を筆頭に、2時間23分34秒を持つロンドン五輪代表の木崎良子(ダイハツ)や、ベストは2時間26分05秒ながらも14年横浜国際マラソンでケニア勢などを破って優勝した田中智美(第一生命)などがいて、代表入りを虎視眈々と狙っている。さらにハーフマラソンで1時間09分台前半の記録を持つ小原怜(天満屋)や沼田未知(豊田自動織機)も、マラソン練習がうまく積めていれば可能性は持っているという状況だ。

 昨年の名古屋は、当初のペースメーカーの設定が30kmまで5km16分55秒から17分05秒までとされていたが、実際には全体的に速めのペースで進むレース展開になった。

 その中で今回も出場するユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が、ペースメーカーが離れた30kmからを16分37秒に上げて2時間22分08秒で優勝。30kmまでトップ集団についた前田が後半のハーフを、前半より30秒落ちるだけの1時間11分39秒でまとめて2時間22分台の記録を出したのだ。

 昨年のスタート時の天候は晴れで気温は13℃と高かった。これに対して今年の開催日は、現時点でのナゴヤドームがある名古屋市東区の天気予報は最高気温が12℃で曇り時々晴れ。昨年より遥かに条件が良くなる可能性が高い。こういった条件の面から見ると、今年もまた設定ペースより高速化することは十分に考えられる。逆に、設定通りに5kmを17分弱のペースで推移すれば、選手たちはかなり余裕を持って走れるため、前半より後半が速くなるレース展開となる可能性もあるのだ。

 そんな展開になった時に利点となるのは、昨年のレースでも後半の強さを見せたキルワがいることだ。彼女に少しでも食らいついていけば、後半の記録は当然上がる。

 キルワに爆発的なスパートをされると対応するのが困難になるが、昨年前田が30km以降はマリア・コノワロワ(ロシア・後にドーピング違反で記録取り消し)を目標にして走ったように、今回もバリレラ・ストラネオ(イタリア)などの目標にできそうな選手もいる。

 39歳のストラネオは、12年の2時間23分44秒がベスト。福士が銅メダルを獲得した13年世界選手権では、前半から積極的に引っ張るレースを見せ、優勝したエドナ・キプラガト(ケニア)に14秒差で銀メダルを獲得した実力者だ。

 ストラネオが世界選手権でそんな戦法を取ったのは、スローペースで進んで30km過ぎからの爆発的なスパート合戦になるのを避けたためだ。日本人と同じようにジワジワとペースを上げていくのが得意なタイプだけに、格好の目標になるだろう。

 2度目の五輪を狙う木崎はもちろん、横浜で優勝しながらも世界選手権代表から漏れた田中もその悔しさを晴らすために、前半からのハイペースな陸連の設定記録を意識した練習は積んできているはず。流れにうまく乗れば、十分に2時間22分台を出せる力は持っている。

 そんな練習の成果と実力を名古屋でいかに見せてくれるか。できれば気象条件を味方につけての2時間22分台の記録だけではなく、スローペースの展開から後半で勝負が決まる可能性が高い五輪本番でも結果を出せるように、前半よりも後半にペースをあげるような熾烈な勝負での代表争いを見せてもらいたい。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi