12日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本のよくある閉店案内の貼り紙」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目を浴びている。写真はシャッター。

写真拡大

2016年3月12日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本のよくある閉店案内の貼り紙」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目を浴びている。

スレッド主は、日本でシャッターに貼られた閉店案内の貼り紙の画像を掲載している。画像は、とある韓国人がツイッターでつぶやいたものだ。貼り紙には「閉店しました。100年間ありがとう」などと書かれており、ツイート主が「日本はこのような(長寿の)店が多い」と記している。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「日本は国が事業権を保障してくれるらしい。だから匠や職人が多いのだろう」
「韓国は長くても5年。屋台でさえチェーン店が占領してしまっているのが現状。今やどこに行ってもみんな同じで切ない」

「100年続いた店も閉店するっていうのに…。まだウチの店が生き残ってることに感謝しなきゃ」
「店を畳むんだったら、商標権を買ってきて韓国で開店したら?うまく行くんじゃない?」

「韓国もこんな(長寿の)店が多かったはずなんだけどね」
「そうなるはずだった店を日本が潰したのさ」

「日本になぜこういう店が多いか知ってる?周辺国が優しいからだよ。日本を侵略しようとしなかったんだから」(翻訳・編集/松村)