柏原、前半伸ばし首位に浮上!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 最終日◇13日◇土佐カントリークラブ(6,217ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー第2戦『ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ』最終日。全選手がハーフターンを終えた時点で、22位スタートの福田真未と4位スタートの柏原明日架がトータル8アンダーに伸ばし、キム・ハヌル(韓国)を抜き、首位にたった。

 この日イーブンパーから出た福田は15番を終え、1イーグル・6バーディ(ノーボギー)と大爆発、一気にリーダーボードを駆け上がった。一方柏原も前半4バーディ・1ボギーで3つ伸ばした。
 1打差の7アンダー3位タイには首位スタートのキム・ハヌルとイ・ボミ(韓国)の2人が並ぶ。2位に2打差をもって首位からスタートしたハヌルだが、前半ノーバーディ・2ボギーで後退。一方ボミも1つしか伸ばせず足踏みしている。
 続くトータル6アンダー5位に飯島茜がつけ、トータル5アンダー6位タイに藤田さいき、鈴木愛、ベイブ・リュウ(台湾)が並ぶ。
 その他では最終組の渡邉彩香がスコアを3つ落としトータル4アンダー9位タイに後退。初めてホステスプロとして大会に臨んだ森田理香子はトータルイーブンパーの27位タイとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>