シャルル=フランソワ・ドービニーの 《ヴァルモンドワの下草》の部分

写真拡大

「樹木」というモチーフを通して印象派を中心とするフランス近代風景画の進展を探る展覧会「フランスの風景『樹をめぐる物語』―コローからモネ、ピサロ、マティスまで―」が2016年4月16日から、東京・西新宿の東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館で開催される。6月26日まで。

絵画の独立した主題として樹木を描き、樹木を介した光と影を追求し、その色や形を絵画の要素としてとらえた画家たちが、「樹木」をどのように描いてきたのか、フランスを中心とする国内外の美術館、ならびに個人所蔵作品から樹木に対する画家たちの想いが込められた作品約110点を展示し、その変遷を辿る。

展示は、カミーユ・コローの「エトルタ近くの風景」やシャルル=フランソワ・ドービニーの「ヴァルモンドワの下草」などのロマン派やバルビゾン派から始まり、フェリックス・ヴァロットンの「オンフルールの眺め、朝」やモーリス・ドニの「小さなブルターニュの女性たち、沼のほとり」などのポスト印象派やフォーヴまで、印象派とその前後の時代の作品が中心となっている。

開館時間は10時〜18時(金曜日は20時まで)。

休館日は月曜日。

観覧料は、一般1200円(前売1000円)、大・高校生800円(同650円)、シルバー(65歳以上)1000円、中学生以下無料。