「アルファ碁は芸術以外の何物でもない」人工知能が天才棋士を3タテ:DeepMindチャレンジを制する

写真拡大

人工知能(AI)と世界最強棋士とで争われる「DeepMindチャレンジ」は3月12日に第3局を終え、AI「AlphaGo」による3連勝で折り返すこととなった。この歴史的な局面に際し、イ・セドル九段をはじめAphaGoを開発したDeepMind CEOらがコメントを寄せている。

「「アルファ碁は芸術以外の何物でもない」人工知能が天才棋士を3タテ:DeepMindチャレンジを制する」の写真・リンク付きの記事はこちら
South Korea Game Human vs Computer

2/5「AphaGo」(アルファ碁)を開発したDeepMindのCEO、デミス・ハサビス。AP/AFLO

South Korea Game Human vs Computer

3/5第3戦ののちに行われた会見にはアルファベット社長サーゲイ・ブリンも参加した。AP/AFLO

Press conference on the eve of the historic human-computer showdown in the ancient board game Go

4/53月9日の第1戦を控えた8日には、アルファベット会長のエリック・シュミットも会場入りした。Lee Jae-Won/AFLO

SCIENCE-INTELLIGENCE/GO

5/5同8日、プレスカンファレンスの際に愛娘と言葉を交わすイ・セドル。REUTERS/AFLO

韓国ソウルで行われた「最強人類」と「最強AI」との闘いは、5戦あるうちの3戦を無敗で制した「AlphaGo」(アルファ碁)が勝者となった。

“ディープブルー対カスパロフ”以上の衝撃と評された第1戦から、人類の期待を背負って戦った韓国の天才棋士イ・セドルは、一矢を報いるべく2戦、3戦と、その果敢なファイティングスピリットと無二の独創性とをもって挑んだが、グーグル擁する英国の天才AI集団DeepMindのイノヴェイションを打ち倒すことは叶わなかった。

人類史を画する(にちがいない)勝負の雌雄がひとまず決した本日、双方の関係者から祝福、賛辞、賞賛、感動、驚嘆が入り交じるコメントが届いた。第5局まで行われる「DeepMindチャレンジ」は、3月13日に第4局、3月15日に第5局が、引き続いて行われる。

Google陣営

──デミス・ハサビス(DeepMindファウンダー・CEO)

「今日は人類が成し遂げたこと、つまり天才棋士イ・セドルさんと、この大きな科学的進歩を可能にした人々を、心から讃えたいと思います。私たちは、この結果に非常に驚いています。言葉を失った、と表現するほうが正しいかもしれません」「アルファ碁が毎秒あたり数万におよぶ手を読んでいるのに対し、セドルさんは彼自身の頭脳だけで、あれだけの接戦を演じ、毎回、アルファ碁を限界まで追い詰めています。結果として、今日、アルファ碁がチャレンジマッチを制したことに、私たちは大変興奮しています。これは私にとって生涯の夢でしたし、人工知能に携わる者にとっては、まさにグランドチャレンジだったからです。まだ、DeepMindチャレンジは2局を残しており、挑戦は終わりません。そして、このチャレンジは囲碁にとどまらず、この技術をどのように活用すれば、社会問題を解く手助けとなるのかを解き明かすという、長い道のりが待っているのです」

関連記事グーグルの超知能「DeepMind」の正体

──サーゲイ・ブリン(アルファベット社長)

「囲碁は本当に美しいゲームです。そして、囲碁という美しいゲームを通じて、人とコンピューターが、とうとう、つながるのを目の当たりにして感動しています。心からの賞賛をイ・セドルさんと DeepMindチームに捧げます」

イ・セドル陣営

──イ・セドル九段

「この三局を振り返ってみましたが、私はアルファ碁の力量を読み違えていたので、たとえ第一局をやり直したとしても、おそらく勝てないだろうと思います。第二局は、私の狙い通りに展開したにも関わらず、チャンスを生かしきれなかった局面がありました。今日の第三局は、長い囲碁人生の中でも、比べようもないほどにプレッシャーを感じていました。そして、どうしても、それを克服することができませんでした。第四局、第五局も皆さんが関心を持って、観戦してくださることを期待しています」

──権甲龍八段(イ・セドルの師)

「アルファ碁は驚くべき人工知能です。アルファ碁と激しい接戦を繰り広げたイ・セドルは勝者であり、誇りに思います。彼は対局を通じ、奥深い囲碁の世界を見せてくれました。残りの対局では、彼らしく自由にプレイしてくれることを期待しています」

解説者たち

──マイケル・レドモンド九段

「最初の二局において、イ・セドルはコンピューターの弱点を探るために自身の対局スタイルと異なる打ち方をしていたように感じます。一方、今日の対戦においては、強気の序盤から後半の複雑なコウの動きに至るまで、イ・セドルは間違いなく彼本来のスタイルで戦っていたと思います。しかしながら、アルファ碁はコウも含む状況に柔軟に対応し、それが最終的には勝利に繋がりました。アルファ碁は芸術以外の何物でもない。これを成し遂げたすべての人々に敬意を評します」

──李賢旭八段

「イ・セドルは良い対局をしました。ほぼ完璧とも言えるアルファ碁に対して全三局を通して挑み続けた彼に、同じプロ棋士として敬意を評したいと思います。今回、イ・セドルは、アルファ碁をより理解するために、後半にいくつかの異なる手を試しました。残りの対局が楽しみです」

※ 引用文中はすべて「イ・セドル」で統一した。

関連記事人間を破った人工知能をつくったDeepMindとは何者か?

さらに詳しいディープマインド創業ストーリーは、『WIRED』VOL.20「人工知能」特集にて!
Amazonで購入する>>

『WIRED』最新号VOL.20「人工知能はどんな未来を夢見るか」では、暮らしのすべてを変えていくAIの向かう先を考える。グーグルが4億ドルで買収したディープマインドの3人の天才創業者たちの半生や、クーロンとCrazystoneの日本人棋士への挑戦の記録も掲載! 特集の詳しい内容はこちら。

TAG

AIAlphagoDeepMindWIRED JAPAN