急速に世界で広がりつつある近視

写真拡大

世界の近視人口が、2000年の推定14億600万人から、2050年には推定47億5800万人に増加する可能性がある――豪ニューサウスウェールズ大学、ブライアン・ホールデン視力研究所の研究者らによるショッキングな研究結果が発表された。

研究は、1995年以降発表された、近視の有病率に関する世界各国の論文145件を分析し、国連の人口統計や、各国の主要都市や農村部の人口密度、近視の有病率の違いなども調整したうえで、2000〜2050年間の近視人口の変化を推計したもの。近視人口には、いわゆる遠くが見えにくくなる通常の近視のほかに、網膜剥離や白内障を引き起こし、失明する可能性もある「強度近視(近視度数がマイナス8D以上)」が含まれている。

推計の結果、2000年の時点で、世界の近視人口は全人口の22.9%だが、2050年には49.8%まで増加。強度近視の人口も、1億6300万人から9億3800万人と、約6倍に増加する可能性があるという。

地域別では、日本と韓国を含む東アジアと、オーストラリアをあわせたアジア・オセアニア地域での増加率が突出して高く、現時点で40%を超えているこの地域の近視人口は、2050年には60%を突破すると推計されている。

発表は2016年2月11日、米国眼科学会誌「Ophthalmology」オンライン版に掲載された。

参考文献
Global Prevalence of Myopia and High Myopia and Temporal Trends from 2000 through 2050.
DOI: 10.1016/j.ophtha.2016.01.006. PMID: 26875007

(Aging Style)