11日、日本に旅行して、あちこちの親戚などに持ち帰るためのお土産に頭を悩まさない人はいないだろう。

写真拡大

2016年3月11日、日本に旅行して、あちこちの親戚などに持ち帰るためのお土産に頭を悩まさない人はいないだろう。そしてほとんどの人は「日本らしくて相手を喜ばせてあげられるちょっとした贈り物で、自分が持ち帰るのにもあまり負担にならない大きさの方がいい」と思っているに違いない。ではどのような物が日本らしくて俗っぽくなく、外国人に喜ばれるお土産になるのだろうか?環球時報が伝えた。

▼歌舞伎フェイスパック、つけるだけで歌舞伎の隈取フェイスに

2014年に日本のグッドデザイン賞に選ばれた海外でも人気急上昇中のスキンケア用品。これを持ち帰って友人などに贈れば、笑い出すこと間違いなし。顔につけるだけで、あっという間に日本の伝統芸能である歌舞伎の隈取フェイスに様変わり。楽しんでもらえること請け合いだ。

▼あぶらとり紙、和風のパッケージがおススメ

あぶらとり紙自体はどこの国にもあるが、日本土産の評判はやはり高いようだ。日本のあぶらとり紙は肌にあたる感じがより柔らかく、あぶらをよく吸い取ってくれるため、海外でもその品質が認められている。和風のパッケージで、場所もとらず、携帯にも便利なため、多めに買って帰って女性の友人に配ることもできる。

▼綿棒、女子力をアップ

軸は丈夫で折れにくく、先端の綿の部分は毛羽立ちにくくて使いやすい。可愛いピンク色の綿棒や、メイク用の綿棒などデザインも様々な綿棒は海外でも珍しいお土産として喜ばれるだろう。

▼足用冷却シート、貼るだけで疲労回復

足用冷却ジェルシートは主にアジア女性に人気だ。お風呂から上がって寝る前に貼ると、すっきりと目覚めることができるという。あぶらとり紙同様、値段もリーズナブルで、お手軽ながら気の利いたお土産となる。

▼爪切り、男性にピッタリなお土産

ハサミ、爪切りなどは日本土産の衛生日用品の中で、外国人観光客がまず選ぶお土産となっている。特に拡大鏡付き爪切りは海外でもほとんど見たことのない人間味あふれるデザインの驚くべき発明品だ。年配の友人がいる場合は是非このデザインを探してみるべきだろう。

▼熊野筆、ハリウッド女優の半数が使用

熊野筆と聞けばすぐに広島県熊野町で生産される化粧筆を思い浮かべるだろう。熊野筆ほど肌に触る感覚がすばらしい筆は無く、海外の高級化粧品メーカーやメイクアップアーティストたちからも絶賛され、ハリウッド女優の半数近くが使っているという。(提供/人民網日本語版・翻訳/TG・編集/武藤)