ルーキーの仲宗根澄香が環境ステーションと所属契約(撮影:ALBA)

写真拡大

 下川めぐみに続き、ルーキーの仲宗根澄香が不動産コンサルティングNo.1を目指し、住宅リフォーム・店舗開発、売買・代理・仲介・賃貸・管理等都市型不動産の開発等、幅広い事業展開 を行う国内企業、環境ステーション株式会社と所属契約を結んだ。
 
 同社代表取締役である後藤博幸氏は「社員全員で応援し、全力でサポートしてまいります」とコメント。両選手の活躍を期待し、エールを送った。下川は昨年から所属契約を結び、今年が2年目。コーチ兼キャディのご主人と力を合わせて戦う姿が「家族の力」を連想させ、評価された。
 一方、新たな契約となった仲宗根は2015年7月にプロテストを合格し、2016年がルーキーイヤー。「新入社員の目標となり、共に一緒に頑張ってほしいと期待を寄せ、サポートしたい」(後藤代表取締役)と契約の理由を説明した。
 今回の契約について下川は「昨年に続きサポートいただく事になり、大変うれしく光栄に思っております。スタート前のアナウンスで所属会社名をアピールし、少しでも恩返しがしたい」とコメント。仲宗根も「新入社員のつもりで、何でも吸収して頑張ります」と意気込みを語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
同ウエア契約のビューティペア!ボミは“被り”が心配でメーカーに電話!?
課題のウェッジショットに冴え!渡邉彩香 逆転優勝へ光明
柏原明日架 4打差もガンガン攻める!「自分には省エネのゴルフはないです」
最新クラブ試打、セッティング論、続々…【特選ギアコラム】
アマチュアに評価されている1本は?【ギアNAVI!ドライバーランキング】