プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社は、コンパクトSUV「2008」の特別仕様車「2008 CROSSCITY」を設定し、2016年3月7日から販売をスタートしました。

1

今回の特別仕様車では、オンロードおよびオフロードにおける走行性能や快適性を進化させています。

なかでも注目はパワートレーンの刷新で、110psを発揮する1.2L 直列3気筒ターボエンジンに組み合わせるのは、「208」と「308」に搭載される第3世代の6速AT。

ギヤレシオをハイギヤード化させるだけでなく、フリクションロスを低減し、燃費と静粛性に貢献するようなチューニングが施されています。

さらに、ノーマル、スノー、マッド、サンドなど路面に合わせて的確なグリップを実現する“グリップコントロール”を搭載するほか、4シーズンタイヤも装着しているのが特徴。

外観では、ボディサイドステッカーやブラックドアミラー、17インチツートーンブラックアロイホイール。内装では、グリーンステッチ入り専用ファブリックシートとレザーステアリングを採用し個性を演出しています。

ボディカラーは新色“エメラルド・クリスタル(メタリック)”を含む全6色を用意。車両本体価格は265万円。

(今 総一郎)

プジョーがアクティブな特別仕様車「2008 CROSSCITY」を発売(http://clicccar.com/2016/03/13/359071/)