3月13日はサンドイッチの日! 1分で作れるフランスのソウルフード「ジャンボン・ブール」を作ってみよう

写真拡大

ふたつの「3(さん)」で「1(いち)」をはさんだ日付の今日、3月13日はサンドイッチの日です。忙しい時でも片手で食べられるサンドイッチ、これは1762年頃にイギリスで誕生したものだと言われています。

ゲームに興じていた、第4代サンドイッチ伯爵のジョン・モンタギュー。ゲームを中断することなく食べられる食事を料理人に頼んだところ、パンに肉を挟んだものを供されたのだとか。これが、サンドイッチのはじまりとされています。今では世界中で広く食べられているサンドイッチ、素晴らしいアイディアを思いついた料理人に感謝したいですね!

さて本日は、サンドイッチ伯爵が食べたシンプルなサンドイッチを思わせる、フランス生まれの「ジャンボン・ブール(jambon-beurre)」の作り方をご紹介します。かかる時間はたったの1分! お弁当やピクニックにはもちろん、小腹が空いたときにもぴったりですよ♪

【材料】(1人分)

バゲット…1/2本
ハム…2〜4枚
バター…15〜20g

【作り方】

1. バゲットは縦半分にカットしてから、横に切れ込みを入れ、バターを塗ります。

2. ハムをはさめば出来上がり!

■「ジャンボン・ブール」はフランス人のソウルフード

ランチタイムや軽食に食べられる食事として、フランスでも人気の高いサンドイッチ。ハムとバターを挟んだだけのシンプルな「ジャンボン・ブール」は、フランス人のソウルフードとも言えるほど、とてもポピュラーなものです。日本人にとってのTKG(卵かけご飯)のようなイメージかも。

ジャンボン・ブールを片手にワインを飲むおじさま、ジャンボン・ブールをおいしそうに頬張る学生にビジネスマン……などなど、現地を旅したら一度は目にする光景だと思います。

■味の決め手は素材のおいしさ

シンプルなサンドイッチだけに、よい素材を選ぶことが大切です。バターはフランスで一般的な発酵バターを使うと、風味が格段にアップ。ハムは肉屋で、バゲットはベーカリーで焼き立てのものを購入すれば、本場の味にぐっと近づくはず! 

お花見やピクニックなどサンドイッチを頬張る機会が増えるこれからの時期、ジャンボン・ブールもぜひ、お弁当候補のひとつに入れてみてくださいね。「お弁当を作る時間がない!!」というときに、重宝するはずですよ。

参照元:open-sandwich.co.uk, konnahi.com

調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

画像をもっと見る