カルビー会長兼CEO・松本晃氏

写真拡大

 スナック菓子の大手カルビーの経営を61歳でまかされるや、翌年には営業利益率を倍増、さらに6期連続最高益をはじき出した松本晃氏は同社の会長兼CEO(最高経営責任者)だ。京大大学院を卒業後、伊藤忠商事とその子会社で活躍、1999年にジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人社長に転じた際にも利益を大幅に伸長させた。「負け」知らずの「あきんど会長」に作家の杉山隆男氏が迫った。

──休みでも松本さんの中からは仕事が離れないんですね。

松本:でしょうね。仕事以上におもしろいものが見つからないんですよ。

──じゃあ、カルビーのあとはどうされるんですか。

松本:ねえ、どうするんでしょうか(笑い)。最初カルビーは4年したら辞めると言っていたんですよ。5回裏ツーアウト満塁のピンチの救援で中継ぎを頼まれて、仕方がないからって。投げたら終わり、と思っていました。

 ところが上場して株価が10倍に上がった。すると投資家さんたちが「あんたがいるから上がってるんだ」「辞めたら困る」と、おだててくれる。そうして、ついつい3年プラスしちゃったわけです。でも、ポテトチップスだって賞味期限は4か月なので、自分の賞味期限もぼちぼち切れているのかなって思っていますよ。

──社員の皆さんや創業家に、もうちょっといてくれとお願いされたらどうします?

松本:いやいや、そんなものは本気で言ってるかどうかわかりませんよ。世の中っていうのはいつもそうですよ。「あいつはよくやってくれてる」と言う一方で、逆に「あいつはいつまでやっているんだ」って思ってる人も、ちゃんとおるんですね。だから、終わりは自分で決めるしか仕方がない。その腹決めですね。で、問題は、辞めたときに、あとどうするのかと。

──それだけ仕事が大好きなのに……。

松本:すると、もう一つやってもいいかなという気はある(笑い)。ただ、僕は絶対に失敗しないですよ。失敗しない最大の理由は、失敗するような馬には乗らないから。学生時代にやっていた競馬は負け続きでしたが(笑い)、ビジネスは勝ち馬にしか乗らない。

 カルビーを引き受けたのも、この会社は勝つに決まっているから受けた。何でもかんでも受けるということはありません。いくら何億円のお金を払うと言われても、そんなものには興味はありません。

──自分で馬を持つというのはどうですか。要するに自分で会社をつくる。

松本:それはダメです。私はそんな根性はないです。もう自分のことはよくわかっています。自分のお金で大きな勝負ができる人間ではありません。

──だから勝ち馬にしか乗らない。

松本:はい。人のお金だったら、勝っても負けても会社持ちだと思えるでしょう。私のサラリーマン生活で、一つ、そういう居直りがあるんですよね。しょせん会社なんて、勝っても負けても会社持ちだと。だからって、乱暴なことはやらない。絶対負けるのは嫌いだから、失敗したくないと思いながら、結構慎重にやるわけです。

──でも、カルビー以上の勝ち馬はないかもしれない。

松本:いや、それはあると思いますが、問題は、僕は今68(歳)です。68の人に新しいことをまかせるという会社が出てくるか。ただ、カルビーの仕事をやってると、やっぱりおもしろいな、会社を大きくするのは楽しいなと思います。どこかの会社の会長さんぐらいだったら、まだあと一つぐらいできるかもしれませんね。

──あと10年ぐらいはできるだろうと。

松本:かもしれませんね。

●まつもと・あきら/1947年、京都府生まれ。1972年、京都大学大学院農学研究科修士課程を修了後、伊藤忠商事に入社。1986年、センチュリーメディカル(株)へ取締役営業本部長として出向。1993年、ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社(現・ジョンソン・エンド・ジョンソン)に入社。1999年、同社日本法人社長に就任、最高顧問を経て、2009年、カルビー代表取締役会長兼CEOに就任。

※週刊ポスト2016年3月18日号