アップリカは、2015年7月に発売した”スムーヴ”の新デザインを3月中旬に発売することになりました。

発売してからまだ半年ほどすが、パパ・ママから大きな反響を呼んでいる「スムーヴ」。今回はその魅力を紹介していきます。

■生後1ヶ月から使用可能

首が据わっていない赤ちゃんを乗せるベビーカーとなると、どのベビーカーにするかすごく悩みますよね。スムーヴはそんな不安をなくさせてくれる設計となっています。フルリクライニングとなっているため、生後1ヶ月の赤ちゃんでも安心して利用することが可能です。

■小回りやスピード調整ができる抜群の機能性

ベビーカーだと細い道が通りづらいもの。でも、三輪型であるスムーヴは小回りがとてもよく利きます。これは三輪型の大きなメリットです。

下り坂ではスピードが出すぎて困るという悩みを、スピード調整機能によって解決。ハンドル部分で簡単に調節ができるため、ベビーカーを押しながらでも調節ができます。

ベビーカーの折りたたみも片手でできるので、赤ちゃんを抱っこしたままできるのは楽ですよね。折りたたみベルトを引っ張り上げるだけなので、簡単に行えます。折りたたむことによってコンパクトになるので、外出先でも使いやすそうなのが魅力的な点。

■赤ちゃんを振動や外敵から守る

エアタイヤを採用されているため、デコボコした道などでも赤ちゃんに振動が伝わりにくい設計となっています。アップリカのプラスチックタイヤと比較した場合、振動の80%をカットしてくれるとのこと。赤ちゃんにあまり振動などの衝撃を与えたくないという、親御さんの気持ちにこたえてくれるタイヤになります。

ベビーカーのシートが高いのもスムーブの魅力的な点。ベビーカーの平均的な高さは約40cm前後ですが、スムーヴの高さは58cm。シートが高くなると表面温度も変わるので、赤ちゃんにとっては快適な環境で過ごすことができます。

ちなみに、平均的な高さのベビーカーとスムーヴでは表面温度の差は約2度もあるとのこと。さらにシートが高いことによって、赤ちゃんの乗り降りもさせやすいというのもいいですよね。

製品情報:スムーヴ AB | ベビーカー・チャイルドシートのアップリカ | Aprica

(鈴木 唯)

生後1ヶ月から安心使える三輪型のベビーカー「スムーヴ」の魅力とは?(http://clicccar.com/2016/03/12/359309/)