11日、AFP通信によると、中国の大手鉄道車両メーカー「中国中車」は同日、米イリノイ州シカゴの地下鉄車両846両を納入することを明らかにした。写真はシカゴ。

写真拡大

2016年3月11日、AFP通信によると、中国の大手鉄道車両メーカー「中国中車」は同日、米イリノイ州シカゴの地下鉄車両846両を納入することを明らかにした。

中国中車は2014年に2社が合併したことで世界最大の鉄道車両メーカーとなった。シカゴの地下鉄車両846両の国際入札で、中国中車は13億ドル(約1480億円)で落札した。中国中車はウェブサイトで、「中国製の地下鉄車両がシカゴに上陸する」と記し、中国の車両メーカーとして過去最大の受注となった今回の落札は画期的なものだと述べている。

この報道に、米国のネットユーザーからは、「中国は米国製の航空機を買い、米国は中国から地下鉄の車両を買う。ウィンウィンの関係だな」「トランプ氏がこういうことを終わらせる必要がある。米国製を買うべきだ」「シカゴから中国にお金が渡るということは、この国にとってとてもまずいことになるだろう」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/蘆田)