運転中に発作が起きたら危ない病気に注意しよう

写真拡大

執筆者:鈴木ちひろ(看護師)
監修医:坂本忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ)


ここのところ、車の運転中に急な発作が原因で、思わぬ事故に発展することが増えていますね。
急激に発症し、運転に支障をきたす恐れのある疾患としては、
「てんかん」「脳血管障害」「心臓血管系の疾患」「睡眠時無呼吸症候群」などがあります。
そして、最近話題になっている「大動脈解離」もそのひとつ。いったい大動脈解離とはどんな病気なのでしょう?
詳しく見ていきたいと思います。

大動脈の大事な役目


まず、大動脈の基本的な役割を確認しておきましょう。

大動脈は、心臓から血液を全身に運ぶ動脈の中で、一番太い血管です。まず、心臓から押し出された血液は、はじめの最も太い部分、上行大動脈を流れ、首の下で大きく弓状にカーブする大動脈弓から心臓の後部を通り、腹部へ下がる部分、下行大動脈へと流れていきます。

胸の横隔膜を境に、上部は胸部大動脈、下部は腹部大動脈と呼ばれることもあります。
そして、この大動脈は、途中途中で分岐しながら、心臓の筋肉や頭部、両腕、胃や肝臓、膵臓などの腹部の臓器、腸、腎臓、骨盤内臓器、両足など、体の主要各所へ血液を送る、大事な役目をしています。

大動脈解離とは?


大動脈の血管壁は、内側から外側へ向かって、内膜、中膜、外膜の3層構造をしています。
大動脈解離とは、この1番内側の内膜に亀裂が生じて、中膜の内部に血液が入り込み、縦方向に裂けて、血管が4層構造になってしまう病態をいいます。

解離が発生すると、解離部分(例えば胸の血管なら胸痛、背中側の血管なら背部痛など)に、突然の激しい痛みが走る、といわれています。

血流が滞り、分岐部分から体の各所へ血液が供給出来ない状態になると、結果、臓器の虚血が起こります。先に述べたように、大動脈は非常に重要な臓器へ血液を送っているため、これらへの供給が途絶えると、心筋梗塞や脳梗塞の併発など、命にかかわる危険性が高まります。
また一方で、解離後、外膜により圧がかかることで瘤(こぶ:解離性大動脈瘤)が形成されやすくなり、破裂してしまうこともあります。破裂すると大出血になるので、血圧低下をきたしてショック状態になったり、心臓の周りの心のうに血液が貯留することで心臓の動きを妨げる、心タンポナーデを起こしたりと、致命的な状況になります。

さらに、解離が大動脈の始まりの部分にまで及ぶと、その部分にある大動脈弁が損傷して、心臓から出た血液が逆流し、急性心不全となります。
こういった病態が短時間で一気に進むことで、急激に意識を消失してしまうことがあります。
解離した場所や状況により、緊急手術か、血圧のコントロールを行いながら慎重に経過を診るか、治療の選択がなされます。

高血圧や生活習慣病による動脈硬化の予防が肝心!


なぜ、内膜に亀裂が出来てしまうのか?
多くは不明ですが、高血圧や動脈硬化が要因のひとつとして考えられています。
動脈硬化を促進する因子に、喫煙、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、運動不足、偏食などがあります。

もちろん加齢により、血管も老化していきます。
ですから、誰もがこういった病気になる可能性があるのです。拍車をかけないよう、普段から適度な運動やバランスの良い食事を意識して取り入れ、まずは予防を心がけましょう。