11日、昨年の中国で流行語になった「顔面偏差値」だが、高い顔面偏差値を誇る人気俳優たちの主演ドラマが続々とと登場するため、今年もブームは続きそうだ。写真はフー・ゴー。

写真拡大

2016年3月11日、昨年の中国で流行語になった「顔面偏差値」だが、高い顔面偏差値を誇る人気俳優たちの主演ドラマが続々と登場するため、今年もブームは続きそうだ。国際在線が伝えた。

【その他の写真】

昨年、ネット上でよく見られた言葉の一つが、高い顔面偏差値を示す「高顔値」というもの。ドラマや映画で活躍する若手俳優たちを紹介する時、必ずこの言葉が名前に冠され、フー・ゴー(胡歌)やリー・イーフォン(李易峰)、ウィリアム・チャン(陳偉霆)らが、その代表格として人気を集めている。

これら人気の高顔値俳優たちの主演ドラマが、今年上半期に多くオンエアされることで、ブームはまだまだ続きそうだ。昨年、時代劇ドラマ「瑯[王邪]榜」で再ブレークを果たしたフー・ゴーだが、最新作「猟場」が間もなくオンエア予定。こちらはエリートビジネスマンの闘いを描く現代ドラマで、新たな魅力が見られると期待が集まっている。

リー・イーフォン主演の「麻雀」も、近日オンエアを迎える。抗日戦争を舞台にした骨太な歴史ドラマで、スパイ役を演じている。中国へ進出して時代劇ドラマでブレークしたのが、香港の歌手ウィリアム・チャン。最新ドラマは先月スタートした「因為愛情有幸福」で、現代ドラマが新鮮な印象を与えている。

台湾の俳優ウォレス・フォ(霍建華)は、放送中の人気時代劇「女医明妃伝」に出演中。「蘭陵王」などで知られるウィリアム・フォン(馮紹峰)主演の時代ファンタジードラマ「幻城」は、今夏にオンエアされる。時代劇美男の代表格、マー・ティエンユー(馬天宇)の「美人私房菜」は今年7月から放送予定。高顔値の俳優をたっぷり楽しめる作品が次々に登場する。(翻訳・編集/Mathilda)