東京を楽しく走行するために開発され、販売された”TOKYO BIKE 26″モデル。その人気は今や日本のみに限らず、アメリカやイギリスでも人気を博しています。その”TOKYO BIKE 26″が、7年振りにモデルチェンジとなって2月26日に発売されました。

・コンセプトは東京で快適に乗れる自転車

1

誰にとっても扱いやすく乗りやすい自転車。そんなコンセプトをもって2009年に生まれたのが”TOKYO BIKE 26″。軽いギア・交換しやすく種類も豊富な26インチホイールなど、初心者でも乗りやすいスポーツバイクとなっています。

スポーツバイクというと、太めなホイールに少しごつめなデザインをイメージする人も多いかと思われます。そんなイメージを変えさせてくれるのが”TOKYO BIKE 26″の魅力です。

・モデルチェンジをしたことにより生まれた新たな魅力

7年振りのモデルチェンジということで注目を集めていますが、どの部分が変わったのでしょうか。

まずは「デザイン」。以前は光沢を感じるフレームカラーのデザインでしたが、今回のモデルチェンジにより、落ち着きのあるデザイン性となりました。

これにより、日常のシーンでもより乗りやすいデザインになりました。日常のシーンで使うことが多い自転車だからこそ、今回のデザイン変化でより魅力的になったのではないでしょうか。

続いて「乗り心地」。漕ぎやすさもより軽やかになりました。自転車は漕ぎ始めこそペダルが重く感じますが、その負担を少しでもなくすことにより、快適さも増します。

・”春のTEST RIDEキャンペーン”を4月から実施

モデルチェンジを記念して、”春のTEST RIDEキャンペーン”が4月8日から行われます。

このキャンペーンに参加している店舗では、実際にTOKYO BIKEを試乗できるとのこと。最新モデルでもあるTOKYO BIKE 26の乗り心地も体感できるので、より商品の魅力が伝わるいい機会です。多くの人にこのTOKYO BIKEを体験してもらいたいという、企業からのメッセージも感じるキャンペーンかと思います。

製品情報:TOKYO BIKE 26

(鈴木 唯)

7年振りにモデルチェンジした「TOKYOBIKE 26」。新たなモデルの魅力とは?(http://clicccar.com/2016/03/12/358861/)