11日、今月初めに大やけどを負ったSNH48のタン・アンチーが、2回目の手術を受けた。写真はタン・アンチー。

写真拡大

2016年3月11日、今月初めに大やけどを負ったSNH48のタン・アンチー(唐安[王其])が、2回目の手術を受けた。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

チームNIIに所属するタン・アンチーは今月1日、上海市内のカフェで、全身の80%に及ぶ大やけどを負った。今月4日に行われた1回目の手術は、壊死(えし)した組織を除去し、眼球を保護し、さらに腕や膝関節に皮膚を移植するものだった。これに続いて11日、2回目の手術は大腿部を中心に行われた。経過が順調であれば、さらに3回目の手術が行われ、終了後に集中治療室を出られるという。

今月8日には、今後のリハビリ費用に充てるため、SNH48が特別公演を開催した。11日、人気メンバーの「キクちゃん」ことジュー・ジンイー(鞠[女青]「示韋」)がインタビューに応じ、今後もタン・アンチーを援助するため、引き続きSNH48で計画していることがあると明かしている。(翻訳・編集/Mathilda)