首位をキープし後半へ入ったキム・ハヌル(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2日目◇12日◇土佐カントリークラブ(6,217ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー『ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ』の2日目。全選手がハーフターンを終え、初日猛チャージで首位に立ったキム・ハヌル(韓国)が前半を2バーディ・1ボギーでラウンド、トータル8アンダーに伸ばし、2位と3打差で後半へ入った。

 トータル5アンダー2位には渡邉彩香。続くトータル3アンダー3位タイに昨年の賞金女王イ・ボミ(韓国)とホステスプロの原江里菜がつける。さらに全美貞(韓国)、飯島茜、福田真未、永峰咲希、ベイブ・リュウ(台湾)、柏原明日架、城間絵梨がトータル2アンダーで5位タイとしている。
 また、今年からホステスプロとして大会に臨んでいる森田理香子はトータル2オーバーで34位タイにつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>