50周年を迎えるシボレー「カマロ」に記念モデルが華々しく登場!

写真拡大

【ギャラリー】2017 Chevrolet Camaro 50th Anniversary Edition (7枚)


シボレーが初代「カマロ」を発表したのは1966年9月26日のこと。今年、間もなく訪れる50回目の誕生日を祝うため、シボレーは50周年記念モデルの発売を予定している。半世紀という時代を走り続けてきたこの象徴的なモデルに、新たな特徴を盛り込んだパッケージとなるようだ。
この特別仕様車は「2SS」および「RSパッケージ」仕様を含む「2LT」グレードの、クーペとコンバーチブルに設定される。ボディ・カラーは6代目カマロの鋭いラインを強調する「ナイトフォールグレイ」で、コンバーチブルにはブラックのルーフが組み合わされる。ボンネットに入れられたオレンジ色のストライプと、同色のブレーキキャリパーがダークなカラーリングに華を添え、ボディ同色のフロント・スプリッター、サテン・クロームのアクセント付きメッシュグリルを装備。専用の20インチ・ホイールには、カマロが50周年を迎えたことを表すセンターキャップが付き、フロント・フェンダーにも"FIFTY"のエンブレムが装着されている。

インテリアはブラックのレザーにスウェードのインサートとオレンジ色のステッチが施され、インストゥルメントパネル、シートバック、ステアリング・ホイール、照明入りシルプレートにも50周年のロゴが入る。

以上のような一連の特別仕様によって、至極ハンサムに仕立てられたカマロの50周年記念モデルは、米国で今年の夏に発売される予定。ゼネラルモーターズ(GM)の広報担当タラ・キューネン氏に尋ねたところ、「価格は後日発表される」そうだ。

至極ハンサムに仕上がったこの50周年記念モデルは今年の夏に発売予定。オートブログが取材したによれば、価格は後日発表になるとのこと。プレスリリース(英語)もどうぞ。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー