オイルに気をつけろ!

写真拡大

日清食品は2016年2月22日、「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味」を発売した。

唐辛子を練り込んだめんでおなじみの「日清のとんがらし麺」から、TOKYO FMのラジオ番組「Skyrocket Company」とコラボした新味が登場。リスナーからのリクエストが最も多かった「麻婆豆腐」を商品化したものだ。

「すすり泣きながら食ってる」

麻婆豆腐をイメージしたスープは、ラー油や唐辛子の辛さに加え、花椒をきかせたしびれるような辛さが特長。別添の「超絶激辛オイル」を加えると、同シリーズ最高クラスの「レベル5オーバー2」の辛さになる。

激辛商品は発売される度に挑戦者が相次ぐが、もちろん今回もネット上では「食べてみた」報告が続出。

「激辛オイル使うまでもなく辛かった...」
「激辛オイル入れなくても辛い...」

という声が上がっていて、オイルを入れた人からは

「最初何も足さずに食べたらちょっと物足りなかったから激辛オイル足したら滅茶苦茶辛くなって今すすり泣きながら食ってる」
「超絶激辛オイルを入れ過ぎて口の中に花椒の痺れる辛さしか残らなかった」

など、かなりの辛さが報告されている。

「これはペヤング激辛をしのぐ辛さですわ」
「蒙古タンメンとか激辛ペヤングの数倍辛い!」
「みんな辛辛魚辛いって言うけど、とんがらし麺の麻婆豆腐味の方が私には辛かった...」

と、激辛でおなじみの他の商品と比べてさらに辛いという感想もみられる。

「最初は辛すぎてちょっとずつしか食べれません。でも辛さにだんだん慣れてくると美味しく食べれました。(ただし私の場合は牛乳が必須)」
「辛さ耐性なく1分で卵投入したからか食べれたかも 20分で完食。激辛オイルいれてない」
「たべるならスプーンやレンゲを用意しろ...すすると...喉が...やられ...る...」

との報告も。これから食べるという人は、念のため牛乳、卵など辛さを和らげる食材や、スープを飲むための食器を準備しておくといいかも。

希望小売価格は205円(税別)。