ジュネーブモーターショーで初めて公開されたフォルクワーゲンの「T-Cross Breeze」は、小型クロスオーバーでコンバーチブルというユニークなモデルです。

1

Bセグメントであるポロと同等クラスで、ティグアン、トゥアレグに次ぐ第三のSUVシリーズとしての立ち位置。このコンセプトカーがズバリ市販化されるわけではないでしょうが、「新型SUVを予見させる」スタディモデルといえるもの。

現時点ではコンセプトカーですが、実際の生産モデルとして市場投入する可能性があるそうで、大いに期待したいところですが、Bセグメントクラスのカブリオレだと、サイズ的(実用上)に2人乗車が現実なような気がしますが、デザインだけでなくどういったパッケージングになるかも興味深いところです。

さて、「T-Cross Breeze」の全長は4133mmで、現行の「Cross Polo(クロスポロ)」よりわずかに長く、ホイールベースも2565mm(現行ポロは2470mm)と少し長くなっています。全幅はドアミラーを除いて1798mmと、ポロクラスのモデルよりワイドになっています。ソフトトップを閉じた場合の全高は1563mm。

エンジンは、ストップ/スタートシステムとエネルギー回生機構を備えた1Lのガソリン直噴ターボエンジン(TSI)と7速DSGの組み合わせで、110psを発揮する同エンジンは、ドライバビリティに優れ1500rpmから175Nmの最大トルクを発生するのが特徴です。

車両重量は1250kgに抑えられていて、0-100km/hは10.3秒で加速し、最高速度は188km/hに到達。燃料消費量、CO2排出量も、5.0L/100km、115g/kmに抑制されています。なお、容量40Lの燃料タンクを搭載した「T-Cross Breeze」の航続距離は計算上800kmに達するとのこと(欧州値)。

外観は、非常に幅広いラジエータグリルと細いヘッドライトが特徴で、LEDヘッドライトの下に光の繊細なアーチを描き出すLEDのデイタイムランニングライトや、フォグランプ周囲に設置されたLEDによる大型のリングなどにより個性を演出。

コンセプトカーらしいインテリアは、操作レバーとパワーウインドウのスイッチ、およびソフトトップの開閉スイッチをのぞき、タッチセンサー機能を備えた操作パネル、もしくは新開発のバイワイヤー式になっているほか、ジェスチャー・コントロールも採用されています。

「T-Cross Breeze」が市販モデルになった際にどんな姿で登場するか分かりませんが、Bセグ級のコンパクトSUVは世界的流行となっているだけに(クロスポロがあるとはいえ)、できるだけ早い投入を期待したいところです。

(塚田勝弘)

将来の小型クロスオーバーを予見させるコンセプトカー、VW「T-Cross Breeze」(http://clicccar.com/2016/03/12/358772/)