「シェールオイル採掘」で米国で地震が多発か

写真拡大

主にシェールオイル採掘時のフラッキング(水圧破砕法:産業廃水等の地層注入)が始まってから、オクラホマ州では地震活動が激増している。このほど、注入を制限する新たな規則が制定された。

10年前まで、オクラホマ州では地震がほとんどなかった。ところが、10年前から、オクラホマ州では地震活動が驚くほど増加している(冒頭の動画)。

「「シェールオイル採掘」で米国で地震が多発か」の写真・リンク付きの記事はこちら

小規模なものが多いとはいえ、2011年にはマグニチュード5.6の地震が発生し、2016年に入ってからもマグニチュード5.1が記録された(1978年から2008年の間に起きたマグニチュード3.0以上の地震は2回。2009年には20回、翌年は43回の地震に見舞われ、以後は2012年を除いて毎年増え続けている)。

頻発する地震の原因は、深く掘られた油井やガス井への産業廃水の注入とされる。注入された廃水が、堆積岩の下にある火成岩と変成岩の基盤の流体圧力を変化させ、そうした圧力の変化が、本来しっかり固定されているはずの古代の断層を動かしていると見られるのだ。多くは、シェールガスの採掘に伴い、廃水や化学物質を高圧で流し込む「水圧破砕法(フラッキング)」(日本語版記事)による。なお、二酸化炭素を地下に圧入する試験などでも地震が起こる可能性が指摘されている(日本語版記事)。

被害をもたらす恐れのあるこうした地震が増加しないよう、オクラホマ州は対策を開始している。具体的には、ここ数カ月で2つの新しい規則が制定された。目的は、油井やガス井に注入される廃水の量を減らすことだ。

『New York Times』紙が報じている通り、3月7日に発表された新規則(PDF)は基本的に、オクラホマシティを含む地域における廃水の注入量を2014年の60パーセントに制限するという内容だ。2014年には、1日当たり100万バレル以上の廃水が注入されていた。

2016年2月には、州の北西部を対象に、同じような制限が設定されている。

オクラホマ州の地層に注入される廃水のほとんどは、油井やガス井で行われているものだ。そのため、廃水の注入量を制限すれば、石油やガスの生産量が減少する可能性が高い。これらの業界はいま、価格の下落に苦しめられている。

TAG

Ars Technica USEarthquakeFrackingVideo