スポーツカーと表現すべきMercedes-AMG GTを別格とすると、メルセデス・ベンツの最上級クーペといえるのが「Sクラスクーペ」。

1

3月中旬の発売が予定されている「S 400 4MATIC クーペ」は、Sクラスクーペとして初のV型6気筒エンジンが搭載されています。3.0Lという排気量でありながら2基のターボチャージャーで過給することでパワーを引き出し、最高出力は367ps、最大トルクは500Nmを発生。

この「S 400 4MATICクーペ」の導入により、SクラスクーペはV6、V8、V12エンジンを揃える多彩な選択肢が用意されたことになります。

V6エンジンモデルといっても安全装備に抜かりはなく、レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラによって最適な車間距離を自動でキープし、車線維持もサポートするなど安全性を高めてドライバーの疲労を軽減する「ディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付)」をはじめとして、上級モデルの「S 550 4MATICクーペ」と同等の安全、快適装備を用意。

また、エクステリアとインテリアに精悍でスポーティな印象を加える「AMGライン」、片側47個ずつのスワロフスキークリスタルが組み込まれた専用LEDハイパフォーマンスヘッドライトによりラグジュアリーな表情を生み出す「スワロフスキークリスタルヘッドランプ」や、インテリアにパラレルステッチがあしらわれたナッパレザーを随所に採用するなど、高級クーペらしくラグジュアリーな雰囲気、そして安全性も高める「レザーエクスクルーシブパッケージ」などのオプションも設定されています。

「S 400 4MATICクーペ」の価格は1477万円で、ステアリング位置は左のみとなっています。

(塚田勝弘)

Sクラスクーペに初のV6エンジンモデルを追加、価格は1477万円(http://clicccar.com/2016/03/12/358661/)