7日、日本で長年生活を送っている中国人が、日本紹介サイトに「そのこまやかさを知った外国人はここでの生活を手放したくないと思うようになるだろう」と書き込んだ。写真は女性専用車両。

写真拡大

2016年3月7日、日本で長年生活を送っている中国人が、中国の日本紹介サイトに、「そのこまやかさを知った外国人は誰もがここでの生活を手放したくないと思うようになるだろう」と投稿した。

投稿者は「日本は先進国として産業が発達していることは言うに及ばない。最も印象深いのは、人々の優しさや温かさ」だとし、日本の優れた点を以下のように挙げながら「自分が生きていることを実感できる」と記した。

(1)社会的弱者に対する姿勢
日本で生活していると、車いすで外出する人や、盲導犬を連れている人によく出会う。そうしたことが可能な環境が整っているということだ。中国では盲導犬もペットとして扱われ、店に連れて入ることも、タクシーに一緒に乗ることもできない。

(2)快適に自立した生活が送れる
日本では外食も1人で気軽にとれるが、中国で同じことをすると、とてもばつが悪く、周囲からは異様に思われることになる。

(3)親切、丁寧
これは何度でも口にしたい。都市計画も素晴らしいが、どこも生活感にあふれている。さらに人も優しく、こまやか。雨の日に買い物をすると、袋の上にビニール袋までかぶせてくれるのは印象深い。

(4)整ったインフラ
日本がインフラ面で整っていることは、すでにあちこちで繰り返し紹介されている。NHKのドキュメンタリー番組「秋田・真冬の自販機の前で」で紹介された40年以上前から使われ続けているそば・うどんの自動販売機が印象深い。

投稿者は「日本を至上の大国だとするわけではないが、生活を送っていると(儒教の経書)礼記の礼運編にある大同社会を想起せずにはいられない」とし、「かつて中国の哲人たちが理想とした社会がいま、隣の島国で実現されているのではないかと感じるばかりだ」と結んでいる。(翻訳・編集/岡田)