テリー伊藤

写真拡大

11日放送の「爆報! THE フライデー」(TBS系)で、元C-C-Bのギタリスト・関口誠人が、現在は「ヒモ状態」だと明らす一幕があった。

番組では「あの人は今…大追跡SP」として関口を追った。C-C-Bは1980年代に活躍したバンドで、1985年に発売された「Romanticが止まらない」が50万枚のヒットを記録し「NHK紅白歌合戦」にも出場している。

1989年に解散した後、関口は中森明菜や五木ひろしなどに楽曲を提供していたが、仕事が徐々に減っていったという。

現在56歳の関口は、昼間から居酒屋で酎ハイを飲み、音楽活動を続けているものの「ぶっちゃけ食えていない」「ヒモ状態に近いですね」と告白する。生活は整体師の妻が支えているとのこと。

そんな関口は再び芸能事務所に所属し、表舞台に返り咲きたいと明かし、爆笑問題や辻仁成氏が所属する芸能事務所「タイタン」に入りたいと語った。

番組では、タイタン・太田光代社長の協力のもと、関口を面接することになった。部屋に入ってきた関口は面接の前に1曲歌わせてほしいと、5分にわたって浪曲調の自作曲を熱唱する。そして自身がお笑いに向いているなどのアピールをはじめた。

関口のアピールに、呆れ顔にも見える表情を浮かべていた太田社長だったが、結局1時間近く続いた面接の最後に「何か思いついたときには連絡させていただく」という言葉で終わらせていた。

VTR後のスタジオトークでは、テリー伊藤が「関口さんは逸材だと思いますよ」と評価すると、爆笑問題の田中裕二も「確かに途中から本当におもしろくなってきた」と称賛。さらにテリー伊藤が「オレは基本的に畳の上で死ねない人が好きだから」と関口を気に入った様子で語ると、爆笑問題の太田光は手を叩いて大ウケしていた。

【関連記事】
テリー伊藤が日本テレビをクビになった理由 サルをぶっ叩く企画に抗議殺到
太田光 高市早苗総務相を罵倒「お前の顔が電波停止だバーカ!」
辻仁成氏 「ドラえもんは仏で放送禁止」発言を訂正して謝罪