『64-ロクヨン-前編』 ©2016映画「64」製作委員会

写真拡大

映画『64-ロクヨン-前編』から場面写真が公開された。

【予告編ともっと画像を見る(16枚)】

5月7日公開の前編、6月11日公開の後編から構成される『64-ロクヨン-』。昭和64年に起きた未解決の少女誘拐殺人事件「ロクヨン」を巡る物語が展開され、前編では加害者の匿名報道を巡って対立する広報室と記者クラブの様子、後編ではロクヨンを連想される新たな誘拐事件を描く。かつてロクヨンの捜査にあたり、現在は警務部広報室の広報官を務める主人公・三上役を佐藤浩市が演じる。

公開された前編の場面写真では、三上と綾野剛演じる部下の諏訪が会見に臨む姿や、瑛太演じる東洋新聞のキャップ・秋川と三上が対峙している様子などが確認できるほか、三上の部下・美雲役の榮倉奈々、秋川の部下・手嶋役の坂口健太郎、三上のかつての上司・松岡勝俊役の三浦友和、自宅班としてロクヨンの捜査に参加した日吉浩一郎役の窪田正孝、三上の妻・美那子役の夏川結衣、ロクヨン事件の被害者の父・雨宮芳男役の永瀬正敏らの姿が写し出されている。