おっぱい番長直伝の「乳トレ」 今度はダンスで「おっぱい以外全部ヤセ」

写真拡大

寒い冬が終わり、気温はこれからどんどん上がっていきます。それに伴い、服も薄着になっていくわけですが、ここで気になるのがボディライン。

昨年女性誌やテレビなど大きな話題を呼んだ「乳トレ」。バストの形をきれいにして、胸以外はダイエットできるうえ、肩こり解消にも効果ありのお得でお手軽なトレーニングとして、女性たちの人気を集めました。

この乳トレの考案者であり、「おっぱい番長」として有名な朝井麗華さんは、この「乳トレ」にさらに磨きをかけて、新たなエクササイズメソッドを考案。それが『おっぱい番長の乳トレダンス―DVD付き』(扶桑社刊)です。

■そもそも「乳トレ」って?

「乳トレ」とは胸や肩まわりの筋肉をほぐし、形の整ったハリのあるバストをつくる朝井さん独自のメソッドです。タレントの橋本マナミさんがテレビ番組内で実践し、より美乳となったプロセスを披露したこともあります。

ポイントは気づかないうちに固くなった胸まわりの筋肉のこりをほぐすということ。アンダーバストがすっきりして形がよくなったり、サイズアップするなど、良い影響だけでなく、猫背や肩こりにも効果的だという声もあがっています。

■本とDVDで「おっぱい以外全部ヤセ」を実現できる!

今回、朝井さんが新しく考案した「乳トレダンス」は「乳トレ」のメソッドをさらに進化させたエクササイズです。この本では、付属のDVDを見ながら簡単に行えるようになっています。

美しいバストをつくるための3大ポイント「大胸筋」「肩甲骨」「ろっ骨」へのアプローチによって、筋肉をほぐしてバストを正しい位置へ戻しながら、二の腕、おなか、太もも、ヒップなどの筋肉を全身運動によって鍛えていきます。

ダンスの特徴の一つは、中国伝来の「カンフー」のエッセンスが取り入れられていること。「カラダの軸をまっすぐにして、カラダの芯に“気”を置く」という技術を盛り込んでいるので、近年ブームを呼んでいる「体幹」を鍛える上でも良い運動になるはずです。

■裸で踊るとさらに効果的に!?

もし、一人で「乳トレダンス」ができる環境のときは、「全身が見える位置に鏡を置き、裸で踊ってボディラインをチェックしてみましょう!」と朝井さん。裸になって踊ると、自分の体についてさまざまな発見があるはずです。風邪をひかないよう、部屋の中は暖かくすること。

ハリのあるバストを保ちながら、女性らしいボディラインを作るエクササイズ「おっぱい番長の乳トレダンス」。これで夏に向けての準備は万端ですね!

(新刊JP編集部)